プロフィール

mugensky

Author:mugensky
北海道に住む将棋好きの親子です。
4月から息子は中学2年生になりますが、全く将棋のほうは進歩していません。小学生のままです。
さて、このブログは
地方の将棋好き中学生とオヤジの日常をゆるく綴っていきます。
リンクはほとんどが一方的に私がよくお邪魔するサイトを自分の使い勝手がいいように掲載させていただいています。
もし不快な思いをされている方がいらっしゃいましたら速やかに対応いたしますのでお申し付けください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
8545位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
193位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成25年将棋修行記(その5)

石田四段将棋大会

旅行の最終日の1月13日。
この日は昨年新四段になった北海道出身棋士の石田直裕四段の昇段記念大会でした。
同じ北海道のプロ棋士誕生の記念大会なので、事前に息子の出場を申し込み参加してきました。

会場は千葉県の幕張メッセの近くのホテルです。
石田四段の師匠である所司先生のお弟子さんたちがずらり勢ぞろい。
渡辺竜王はこの日は公式戦のためお見えになりませんでしたが、
そうそうたる棋士の皆さんが一堂に会する姿は圧巻でした。

さて、息子はこの日C級(級位者の部)に出場。
スイス式5回戦トーナメントを戦います。
棋力による駒落ちもなく、オール平手です。
もちろん、子ども大会ではないので大人とも対局します。
5回戦トーナメントで5回対局できると思っていましたが、
なんと3敗で失格となるルールもありました。
(失格した場合は、棋士や奨励会員の皆さんとの指導対局へ行けます)
全部で20名ほど参加のc級でした。

第1戦。
小学校低学年くらいの男の子と対戦です。
息子、手も足も出ず惨敗。

第2戦
紳士的なおじいちゃんと対戦。
息子、手も足も出ず惨敗。

ここで昼食休憩。
息子、少し涙ぐんでいます。
今まで自分のやってきた将棋が全く通用しません。
自分より年下にも全く歯が立ちません。
私が初めて見る将棋で流す息子の悔し涙でした。

息子は気づいていないようだったので、3敗で失格になることは告げず
「とにかく東京で1勝できるように三戦目は精一杯頑張っておいで!」
と送り出しました。

第3戦
息子と同じぐらいの学年の男の子。
途中気になって、私も対局の状況を見に行きました。
息子は攻められ、相手陣地に攻め入れずにいる展開。
「厳しいなぁ~」と思い、私が見ると息子が負けるジンクスもあるので
その場を離れました。

程なくして終わったようです。
どっちが勝ったのか?
息子が対局カードを持って行きます。
息子の勝ちのようです。

対局後の息子はぐったり。
「なんとか勝ったよ。」
息子はヘトヘトになるまで一生懸命対局したのでしょう。
それまでの二戦にはなかった疲れ方です。
息子に
「お前、なんで今まで勝てなかったのか、わかる?
 午前中の2戦で対局後にそんなに疲れてなかっただろ?
 相手は必死に来るのに、なんでお前が余裕を持って対局できるの?
 お前も必死にならなきゃ勝てるわけないよ!

 もうひとつ勝てば勝敗を五分にできるから、
 もう1回必死に頑張っておいで!」
と言って、送り出しました。
 息子も午前中は自分に油断があったことを認めていて、午後からは
 気合を入れたようです。

四局目。
女性との対局。
気になった私はまた状況を見に行きます。
息子、めちゃくちゃ劣勢です。
攻め切られたら詰んでしまいそうな状況です。
必死に逃げる息子に、貧乏神の私は退散。

その後すぐに対局が終わったようです。
「あ~、やっぱりダメだったか・・・」
と思ったら、対局カードを持っているのはなんと息子。
ギリギリ勝ったようです。

ヘトヘトになって戻ってきた息子に話を聞くと
「もう、俺の番になったら詰ませることができてたから、
 あとはあの展開を逃げ切るだけだったんだよ」
とのこと。

崖っぷちからギリギリ、最後の5局目にもつれ込みました。
次が最終戦だったので、ここで息子に3敗で失格ルールを明かすと
「えっ!?本当????」
とびっくりした様子。
やっぱり話さなくてよかった。

最後勝ち越して、東京から帰ろう!
を合言葉に、息子は意気揚々と最終五戦目に向かいます。
3敗で失格のルールから、この時点で最初20人いた参加者は
息子を入れて16人になっていました。

五局目
妹と同じくらいの学年の女の子
お互い2勝2敗同士です。
対局が始まっても、女の子は周りをキョロキョロ・そわそわ。
落ち着かない様子。
盤に集中している息子とは対照的に余裕の姿勢です。

・・・が、対局が始まりまもなく息子から小さくうなだれて
「負けました」の声。

私のところに戻ってきた息子は突っ伏してしばらく泣きました。
よほど悔しかったんでしょう。
自分より年下の女の子の余裕の将棋に、なすすべなく完敗したのですから。
ここまで悔しがる息子を初めて見ました。

この大会の結果はこちらのブログで見られますが、最後に息子が対局した相手の子はC級六位に入賞していました。
スイス式トーナメントでポイントもあるため、確実なことは言えませんが息子は最後に勝てれば入賞できていたかもしれず、あともう1歩でした。
最初から油断せず一生懸命やっていれば涙を流さず、後悔することもなかったかもしれません。
1局1局を大事にする気持ちが抜けている以上、大会でいい成績を収めることはできないでしょう。
これも息子の教訓です。

なかなか泣き止まない息子に指導対局を勧めましたが、
あまりの悔しさに「いや、やらない」とのこと。
でも、せっかくの石田さんの記念大会だから、石田さんの指導対局に申し込んだら?
と提案し、息子もやる気になりました。

指導対局

気を取り直した息子は石田さんに2枚落ちで指導対局をお願いしたそうです。
指導対局を終えた息子は「もう少しで勝てたのに・・・」と言いますが、
私から「お前ね、プロに2枚落ちで勝てたら初段だよ」と、甘い息子に
釘を刺しました。

そのあと、奨励会の方との無料対局を勧めたのですが
息子は「いや、もういい。」と断ります。
今の自分と奨励会員との実力差を実感するいい機会だったと思い
何度も誘ったのですが、息子は疲れてもう指したくないようでした。

息子自身にやる気がないのなら仕方ないので、これで東京の将棋を終了しました。

中身の濃い将棋修行旅行でした。
スポンサーサイト

平成25年将棋修行記(その4)

東京3日目。1月12日(土)
男チームは今日も将棋会館へ向かいます。
今日は午後からの3級以下トーナメントへの出場です。

とはいえ、せっかくの東京旅行ですから息子も将棋ばかりでは可哀想なので
午前中は都内で色々と息子の好きなところへ行きました。

さて、午後から3級以下トーナメント出場です。
トーナメント表

息子はベスト4まで進出しましたが負けました。
息子自身、このトーナメントで自分より上級の子と2枚落ちで戦い
自分の棋力を実感できたようです。

その後、大勢の方で賑わう将棋会館で対局を重ね5連勝した息子は、
昨日認定していただいた10級から9級に昇級。
平日の昨日とは打って変わって道場は老若男女で活気にあふれています。
将棋会館2日目

息子とは「連勝が途切れるまで対局を続けてみよう」ということで5連勝まで行きました。
昇級のご褒美に息子は七冠キーホルダーの中から「名人」をいただきました。

今日の蛇足
東京の将棋会館では、新聞「週刊将棋」の入荷が早いようです。
この日(1月12日 土曜日)の午後に、
「新しい週刊将棋が今入荷しました~!」とアナウンスがあり購入。
最新の1月16日号を手にすることができました。
やはり発行元にいると、情報も早い。
この新聞で、昨日の羽生さんが負けたことを知ったわけです。

平成25年将棋修行記(その3)

さて、息子の方は・・・
道場の棋力認定のため、ひたすら対局を重ねます。
1日目
(↑画像右下が中村さんのスーパーサロンです)

息子は必死に対局を重ね、2勝4敗で10級認定。
お昼に息子と休憩を兼ねて1階の売店で将棋グッズを購入に向かいます。

そのとき、今日は将棋会館でA級のリーグ戦が行われていたようで、
なんと!羽生さんが売店にいるではありませんか!!!
息子、羽生さんを見ただけで蛇に睨まれたカエルのように固まっていました。

せっかくなので息子と握手してもらえないかな?
なんて軽く考えた私、羽生さんに声をかけてみましたが
「あ、ちょっと・・・。」なんて軽くスルーされました。
羽生さんの名誉のためにも言いますが、これは当然の対応で、
プロ棋士の方がいちいちファンの求めに応じていただけるわけも
ないのは重々承知のことでワタシも声をかけさせていただいたわけです。

後で知ったのですが、この日のリーグ戦で羽生さんがA級21連勝がストップした
日でもあったようで、今から思えばそんな日に脳天気に握手を求めてしまった
私のほうが悪いわけです。(猛省)(´Д` )

さて、売店では息子は棋士のサイン入り扇子を購入。
私も後ろで何を選ぶのかな~?と思っていました。
野月さんや橋本さんの扇子はないですし、果たして誰の扇子を買ったのかと思えば
渡辺竜王の「一歩千金」のサイン入り扇子を購入。
息子は地味にこのブログのタイトルの言葉が好きなようです。

私は初めて羽生さんに会えた日の記念に羽生さんの扇子「玲瓏」を購入しました。

その後、深浦九段にも遭遇。
目の前数十センチの距離まで接近もしましたが、羽生さんの時の反省もあり
軽々しく声をかけずに軽く会釈をする程度にとどめました。

さて、道場に戻り対局と午後の指導対局の始まりです。
午後からは師範棋士制度で武市三郎六段の講習を受けました。
大盤解説は息子と私も参加。
解説は軽妙で楽しく、すごくわかりやすかったです!!
王の急所を必死のかけ方について、初心者にもわかりやすく丁寧に大盤解説をしていただきました。
息子は詰将棋はできるのですが、必死についてはイマイチ理解できていなかったようなので、
息子にとってもちょうどいい解説を受けられました。

その後、息子のみ武市六段の指導対局です。
(私が中村さんの指導対局のあと、息子の分の指導対局申し込みを並んでいました)
息子の指導対局を見ようと思ったのですが、対局カードで「休憩」申告しないなかったので
私にも対局がついてしまい息子の対局を見ることはできませんでしたが・・・
あとから息子に聞いたら、やっぱり大盤解説でやった必死についてアドバイスを受けたようです。

こんな感じで、とても充実した1日を過ごしました。

蛇足ですが・・・
私は対局4連敗。小学校低学年の子に6枚落ちで負け・・・・。
15級の認定を受けました。
受付で「これから3連勝したら上がっていけますから、そのほうが楽しいですよ」
と慰めていただき、やっぱり自分の弱さを再認識しました。

平成25年将棋修行記(その2)

東京2日目。1月11日(金曜日)
いよいよ将棋修行の始まりです。
妹と母親の女チームと分かれて、我々男チームは千駄ヶ谷の将棋会館へ向かいます。

将棋会館ははじめてでもわかりやすく、すぐにたどり着けました。
おっと、その前に将棋会館前の鳩森神社へ将棋のお参りです。
息子は絵馬を奉納し、勝守りを手に入れました。

初日

午前10時過ぎ、いよいよ初めて将棋会館に入ります。
将棋会館前

東京では子供たちも冬休みが終わっていて、子供は息子一人。
会館の中は思ったより空いていました。(平日の午前中なら当たり前ですね)
1回の売店コーナーを少し眺めてから2階の将棋道場へ。
受付で北海道から来て、初めて将棋会館に来たことなど少し話をして、息子はまず
棋力認定のため対局へ、
私は事前申し込みしていた「女流棋士スーパーサロン」で中村真梨花女流二段の指導を受けました。

中村さんからとってもやさしく丁寧に指導していただき、大感激しました。
若いのに落ち着いた感じの、すごく素敵なしっかりしたチャーミングな方という印象を受けました。
やはりその道のプロは違いますね。

手合いは自分の実力がわからなかったので6枚落ちでお願いしました。
多面指しだったため、考える時間はたっぷりあります。
ワタシもいつも以上にしっかり考え、途中で中村さんに指し方を教えていただきながら
なんとか勝利を収めることができました。
感想戦も、丁寧にここが良かった・ここが甘かったという内容の話をわかりやすくしていただき
次回は4枚落ちで・・・という話をいただき、とっても充実した90分の指導対局でした。
私、指導対局は初めてでしたが、とっても気に入りました。
今後も機会があればやらせていただきたいと思います。
(ただし、常に息子優先ですが)

私の話だけで長くなってしまったので、息子の方はその3に続く。

平成25年将棋修行記(その1)

最初に東京行きを思いついたのは、もう2~3ヶ月前のことです。
それなりに地元で結果を残せ、
それなりに評価もしていただけるようになってきた
息子の将棋が、どうも現状で満足してしまっているような
そんな印象を受けたことが始まりでした。

地元で少し結果が出てきたからと言って、それでいいわけがない。
もっと広い世界を知ってもらわなければ。
・・・そこが、今回の旅行の出発地点でした。

行くとしたら、やっぱり東京の将棋会館でしっかりと将棋を指すことを
メインで考えました。
北海道の子供たちがまだ冬休み中の1月に東京へ行く計画を立て、
1月10日~1月13日に家族全員で東京へ向かいました。
子供達も大きくなってきましたし、おそらく道外へ家族揃って行く旅行は
これで最後かもしれないと、一生子供たちの思い出に残るような旅行に
したいと考えました。

出発の1月10日は、そんなわけで移動日+家族で観光地めぐりの日として
スカイツリーや浅草寺を見て回りました。
雷門の風神・雷神像や浅草寺の阿・吽像の迫力に感動しました。

阿吽


スカイツリーは値段も高度も高すぎてびっくりしました。(-。-;

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。