プロフィール

mugensky

Author:mugensky
北海道に住む将棋好きの親子です。
4月から息子は中学2年生になりますが、全く将棋のほうは進歩していません。小学生のままです。
さて、このブログは
地方の将棋好き中学生とオヤジの日常をゆるく綴っていきます。
リンクはほとんどが一方的に私がよくお邪魔するサイトを自分の使い勝手がいいように掲載させていただいています。
もし不快な思いをされている方がいらっしゃいましたら速やかに対応いたしますのでお申し付けください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
3217位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
93位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月の将棋講座

NHK 将棋講座 2012年 12月号 [雑誌]NHK 将棋講座 2012年 12月号 [雑誌]
(2012/11/16)
不明

商品詳細を見る


今月号のNHK将棋講座テキストを購入しました。
表紙は渡辺竜王ですね(^-^)

NHK杯で対局した北海道出身のお二人(屋敷九段と野月七段)の対局の記事を読みました。
TVで見ると圧倒的に屋敷九段の一方的な将棋かと思っていましたが、記事を読むと野月七段の敗戦も奥が深いところで勝負していたことが分かります。
さすがはトッププロ同士の対局です。素人の考えが及ばない次元の対局だったんですね。

将棋講座の方も12月で木村一基七段の講座も最後です。
木村さんの受けの講座は、息子相手の私の将棋にはかなり勉強になっています。
最終月は序盤の受けと言うことで、いつも息子に序盤から攻めたてられている自分の将棋を立て直すため、いつも以上に襟を正して拝見したいと思います。

息子の天狗の鼻をへし折ってやる!
スポンサーサイト

大会出場

11月25日に隣町で開催された将棋大会に親子で出場しました。

結果は息子が子どもの部で準優勝

千歳道新杯

5勝1敗で準優勝でした。
負けた相手は優勝した子で、その子は全勝優勝でした。天晴!
子どもの部の参加でしたが息子が言うには小さい子も強かったとのことで、多分この日の会場でいつも開かれている将棋教室のメンバーが中心だったのではないかな・・・と思います。
その中で結果を残したのですから、自信を持っていいと思います。

私も大会参加していて、息子の対局はほとんど見られなかったのですが
息子いわく、負けた対局の時は相手も急戦で、息子が矢倉を組もうとした時に
どんどん攻撃してきて、あっという間に負けてしまったそうで、普段、息子が私と対局している時と全く逆の展開だったようです。

将棋は相手がいるものですから、自分がやろうと思ったことを簡単にはさせてもらえません。
今回の大会では、相手の指す将棋に対応して柔軟に戦略を立てられないと負けてしまうことを実感できたのではないでしょうか?
普段、私との対局で自分の思う通りの将棋を指せる息子ですが、まったく逆の展開になると
手も足も出ず、受け将棋になると弱いという弱点がわかったかな?

実際の対局は見られませんでしたが、息子は最近原始棒銀を使います。
この日も多用したそうですが、負けた対局は、なぜか矢倉を組んだようです?
息子なりに手堅く勝負をしようと思ったのかもしれません。
普段の私との対局で、息子の急戦の原始棒銀に矢倉で対抗しようとする私の指す手を思い出したのかもしれません。
発想は決して間違えていないと思いますが、相手の指す手を見て戦略を考えることをせず、
付け焼刃で最近覚え始めた矢倉囲いを大切な対局で使うとは。
いつもほとんど早指しで自分の将棋ことしか見ていない息子ですから、いい経験をさせてもらったと思います。

高橋道雄九段いわく
「相手の玉だけ見るのが級位者、両方の玉が見えたら有段者」
です。

そこが分かれば、決して敵わない相手ではないと思いますが、上には上がたくさんいます。
そういった経験を重ねて、さらに上を目指してくれたらいいなと思います。
今回は特に初戦を大切に、集中力を切らさないという前回の課題を息子自身が意識していたようで、後悔するような対局はなかったようです。

準優勝も立派なタイトルです。
それに、負けたことでタイトル以上の収穫もありました。
この収穫を次の将棋に活かせるかどうかは息子次第ですが、
そろそろまた次の(もう一段階上の)レベルを目指す時期なのかもしれません。

大会参加の参加賞に将棋の本をもらえることになりました。
息子が選んだのは佐藤康光さんの
「康光流現代矢倉Ⅰ」の本でした。

矢倉をほとんど指さなかった息子が、なぜこの本を選んだのか聞いたところ
自分の戦形として矢倉棒銀を考えようと思って、矢倉の本を選んだそうです。
(藤井システムの本も魅力的だったそうですが、先に取られたそうです)

美濃囲い・四間飛車・原始棒銀・矢倉

いろいろな戦形を覚え、自分のものにすることで相手の手にも柔軟に対応できるようになってきます。
いよいよ自分の将棋の幅を広げ始めた息子です。
息子も自分の将棋に自信を深め、課題も見えた収穫の多い大会でした。

ちなみに私の初大会は2勝2敗の五分。
初大会にしては上出来だったかな?

1月に東京へ行きます

いつもブログを見ていただいている皆様・・・って、いないかも《゚Д゚》

来年1月に我が家は東京へ旅行することにしました。
その時に、東京の千駄ヶ谷にある将棋会館で息子の武者修行(現実を知る修行)
&大会参加&指導対局参加などをしたいと思っています。

「こんなブログを書いているのはどんな親子だ?
いっぺんその馬鹿ヅラを見てやる」
と思っていただけた首都圏在住の方がいましたら、お会いできるかもしれませんね。
1月の首都圏の将棋大会&イベント情報がなにかありましたら、ぜひ、教えてください!!

もうすぐ大会・・・もしかして棒銀か?

11月25日に将棋大会があり、息子とワタシが出場します。
この日は、先日お世話になった大人の将棋道場の方も出場するとのことで楽しみです。

さて、最近ブログの更新が滞っていました。
仕事を終えると疲れてPCの前に座る気にならなかった・・・というのが正直なところです。
もうすぐ12月。
日本中のほとんどのサラリーマンが多忙な毎日を過ごすはず。

その間にも息子の将棋修行は着々と進行中です。
最近の息子は原始棒銀派。
急に、四間飛車をやめて棒銀を使ってきます。
この原始棒銀がまた破壊力抜群で、あっという間に私の矢倉を破りにかかります。
そして金銀を取られ、自陣に飛車の侵入を許すともう終盤戦。

わかっちゃいるけど防ぎきれない。
そんな棒銀にオヤジは敗戦を重ね続けています。
今度の大会、息子は原始棒銀を使うのか?
それとも棒銀はオヤジをひねるためだけに使っているのか?

オヤジ参戦

息子に置いていかれ続け、歯が立たなくなったオヤジ。
いよいよ、(初心者・初級者)の大人の将棋道場に行きました。

まず結果から
1勝6敗・・・散々です。
しかも2歩・王手放置も2回ずつ。
最悪な対局をしてしまいました。

オヤジは自分で将棋を指していて、どうも居飛車矢倉が多く使う戦形になっていることに気が付きました。
もしかして、俺の棋風は居飛車なのかも・・・と勝手に解釈しました。

とはいえ、それと勝負は別の話。
対局の相手をしていただいた方々はきっちりと定跡どおりに攻めてきます。
ムダと隙がない攻め方に
「なるほど、定跡ってこういうものか。」とオヤジ実感。
息子と同じ急戦の、ただし、三間飛車使いの方が息子の棋風に近いように思いました。

やっぱり自分で将棋盤を挟んで人と対局をすると、得るものが多いなぁ
と感じた1日でした。

後日談
息子は「将棋」なのに自分が置いていかれることにエラくご立腹。
「だって大人の将棋なんだから、しかたないじゃん。」
と言っても
「だめ、行かせない。」
と不条理な文句をつけてきます。
(でも、結局行きましたが)

私が帰ってきたのは夜10時過ぎ。
息子は起きていて、私の顔を見るなり
「よし!将棋しよう」
と対局を申し込んできました。
「明日も学校だし、少しだけな」
という約束で対局開始。

オヤジ、さすがに対局の成果を見せ華麗に連勝!




・・・と行きたいところですが、相変わらずの3連敗。
息子はオヤジが全く強くなっていないことにホッとしたのか?

息子の意見

息子もこのブログを結構読んでいるようです。

昨日のエントリーで定跡のことを書きましたが、それについて息子から
「オレ、定跡は覚えない方がいいわ。
 だって、定跡を考えたら手がおかしくなるもん」
と言ってきました。

この息子の答えが正解だろうと不正解だろうと、自分の指す将棋に自信を持つことはいいことだと思います。

が!
では、相手が定跡で来た時、今の自分の将棋では対抗できるのか?
その定跡を超える攻め手を自分は持っているのか?

息子にはそのことを問いました。

定跡を超えられなければ、定跡が不要とは言えません。
定跡にはプロの先人たちの英知が詰め込まれているのです。
定跡に固執する必要はありませんが、その英知を超えることができなければ、決しておろそかにしていいものではありません。

息子には私の言葉できちんと定跡の大切さが伝わったのかな?

私からの課題

将棋世界 2012年 12月号 [雑誌]将棋世界 2012年 12月号 [雑誌]
(2012/11/02)
不明

商品詳細を見る


今、発売されている将棋世界12月号を初めて購入しました。
今回の付録「次の一手・天国と地獄」を息子にやってみてほしいなぁ~と思い購入しました。
決してカラーの矢内さんのインタビュー記事に魅かれたわけではないですよ・・・。

息子に早速付録を渡すと、
「おっl・・・これおもしれ~」
と少しの間、夢中になって考えていました。

「次の一手」
詰将棋も大切ですが、こっちも大切と思います。

そして将棋世界・・・意外と(失礼)面白かったです。

昨日の将棋教室

昨日は小中学生大会後の将棋教室。
息子はいつものとおり元気に教室に行きます。

で、いつもより帰りが遅い息子。
いつも終わる時間の1時間を経過しても帰る気配なし。
日が暮れるもの早くなっているし、
さすがに心配して様子を見に行ってみると・・・
楽しそうに、子ども達が集まってなにやらやっていました。

なんかそれがすごく楽しかったみたいで
文字通り時間が経つのを忘れていたようです。

で、息子と一緒の帰り道・・・
私「今日は教室で何をやったの?」
息子「あ、今日は定跡」
私「へぇ~。定跡初めてだね。で、なんの定跡をやったの?」
息子「えっとね、矢倉」
私「へ?矢倉ってお前全然やらないけど、定跡わかったの?」
息子「いや、ぜんぜん。」
私(;一_一)

教室の先生に定跡を学ばせていただけて私としてはすごく良かったと思うのですが
肝心の息子がこれでは・・・。
定跡を学んで、自分の将棋がどう変わるのか、強くなれるのか
息子はまだイメージできていないんでしょうね。
でも、続ければ必ず自分のためになるものだと思います。

私が定跡を教えられないので、そこは先生よろしくお願いしま~す!!!
(って、先生たちこのブログのことを知らないと思いますが)

ここんとこちょっとお休み中です

先日の小学生大会以降、ちょっと将棋はお休みモードの息子。

まぁ、オヤジから毎日「将棋しろ、将棋しろ」なんて言われ続けたら
将棋を嫌いになるか・・・と思い、少し自重。

将来プロになるかどうかなんて、私が一人で空回りしても始まらないですし。
すこし息子のペースに付き合ってみるのもいいかな?
・・・なんて思っています。

とはいえ、もうすぐ次の大会があります。
次は地元とはいえ初めての地区での将棋大会への参加。
まだ見ぬどんな強豪が息子を苦しめるのか、オヤジはちょっぴり楽しみです。

さて、この大会は私も出場します。
私は級を持っていないので一番下のクラスに登録です。
息子が大会で頑張っているのを傍から見ているだけでは、
息子の気持ちをわかってやれないだろうな~
と考え、無謀にも大人の大会にエントリーしてしまいました。

少しは私も息子の気持ちを理解できたらいいな・・・と思っています。

あ、勝てるとは思っていないので
王手放置負け
二歩負け
だけはしないようにしたいと思います。

クビがつながった

以前のエントリーでも書きましたソロバン2級受験の話。

息子はなんとか2級合格して、かろうじて将棋を続けていけることになりました。
しっかりと結果を出せば、周りも認めてくれます。

息子はソロバンを低学年から始めて以来、ずっと続けており
「ソロバン1級になるのが目標」
としています。

本当は将棋に打ち込ませてあげたい気持ちもあるのですが
最初に自分で立てた目標を達成するまでは、
しっかりとソロバンにも打ち込んでほしいと思います。
もし、ソロバンで1級が取れて目標達成できたら
そのときは、辞めるも続けるも息子の好きにさせようと思っています。

しかし、そんなにソロバンをやってても将棋で集中が続かない息子・・・不思議な男です。

小中学生将棋大会に出場しました

昨日は地元の新聞社が主催の小中学生将棋大会に参加しました。
この大会には、小学生名人戦3位の実績のある子も参加していて、すごくハイレベルな大会でした。
が、息子はBクラス出場なので、ハイレベルの次のレベルでの大会です。

結果は息子3勝2敗で3位入賞ならず。
非常に残念でした。
というのも、息子は時間切れ負けならぬ
集中力切れ負け。

私は1戦目と最後の5戦目を見たのですが、私の見る対局はすべて負け。
(もしかして、私が疫病神????)
1戦目は相手の子もしっかりと指していて隙がなく、息子はその気になって
居玉のままの急戦形で早々に勝負を仕掛けます。

が、相手の子に落ち着いて攻めをさばかれ、一転して大ピンチに!
で、結局受け切れずにそのまま負けました。
今年のJTテーブルマーク将棋大会で、初戦の大事さをわかっていると思いましたが
息子は何にもわかっていませんでした。

で、5戦目。
相手の子は女の子でしたが、非常に上手に・丁寧に指す印象の子でした。
私は対局自体は途中から見たのですが、周りの方に感想戦をしていただき
初手から見ていくことができました。
息子は初戦の反省からか、ある程度自陣を固めてから怒涛の攻撃をしようとします。

でも、相手の子は息子の攻撃を華麗にさばき、息子の打つ手がなくなったところで反撃に転じます。
息子も必死に受けに回りしのぎきり、また反転攻勢に出ます。
が、相手の女の子は息子の攻撃のさらに2~3手先を読み、息子の攻撃が最後まで寄せきることはありませんでした。
そして、将棋の格言にある「王は包むように攻めよ」の基本どおりに囲まれ、追い詰められた息子は頭金打ちを許し投了。

 と・・・こう書くと熱戦だったようにも見えますが、息子は5戦目の疲労からか集中力がなく、大きなミスが2~3回ありました。しっかりと最後の感想戦まで集中し、将棋の内容を見直していた女の子に対して、向かいに座る息子は真っ赤な顔で、もうグロッキー状態。
 せっかくアドバイスをしてもらっても、全く耳に入っていない様子。
(この状況を目の当たりにした私。穏やかな顔をするように気をつけていましたが、内心では息子の態度にブチ切れていました)

 感想戦も全く集中力がなく、将棋の勝ち負け以前に集中力で負けており、この結果は必然だったと思います。普段の集中の持続力がどれだけ大切か、この敗戦で息子がしっかりと感じとり、自分で集中力をつけていけるように気持ちを切り替えていかないと、この先はないでしょう。

というわけで、せっかく大会に出ても前回の出場経験値を全く生かせていない息子は、賞状に手がとどきそうな実力を持ちながら、いつまでたっても賞状を手にできない
弱い将棋指しです。

家でリラックスした状態でオヤジに何回勝って天狗になっても、ここ一番の勝負でこれじゃぁ・・・
がっかりです。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。