プロフィール

mugensky

Author:mugensky
北海道に住む将棋好きの親子です。
4月から息子は中学2年生になりますが、全く将棋のほうは進歩していません。小学生のままです。
さて、このブログは
地方の将棋好き中学生とオヤジの日常をゆるく綴っていきます。
リンクはほとんどが一方的に私がよくお邪魔するサイトを自分の使い勝手がいいように掲載させていただいています。
もし不快な思いをされている方がいらっしゃいましたら速やかに対応いたしますのでお申し付けください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
9630位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
188位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子との約束

「将来、プロ棋士になりたい」
という息子も、この春から中学生になります。
将棋の世界で、中学生あたりで都道府県大会の上位に名を連ねることができない息子がプロ棋士になれるのか?ましてやこの1年、将棋の級も一向に上げられず、まだ低級をうろついていて本当に実力がついているのか?

先日、小学校6年生の学習塾主催の北海道内の学力テストに参加した息子。
結果は悲惨・・・。私が今まで見たこともないような惨状でした。
将棋のプロになるから勉強はいい・・・なんていう実力もなく、勉強もダメでは話になりません。

そこで私は息子と約束をしました。
「お前が中学2年生になるまでに、最低限初段をとっていなければプロは諦めてもらうよ」と。
中2でアマ初段なんて、関係者の方が聴いたら「そんなんでプロになれるわけ無いだろう」と笑い飛ばされるような低いレベルですが、息子がそれだけ真剣に将棋を頑張れるのかどうかを見極めたいと考えています。

将棋はアマチュアでも続けられますが、息子がこの1年で「プロを目指して」どのくらい将棋と勉強に真剣に向き合えるか?親の私も息子と勝負です。
ただ、何も考えない息子が中学の部活で運動部に入ったら、その時点で将棋のプロはアウトと考えています。
(うちの中学には将棋部はありませんし、新しく部活を作ることも伝統として?禁止されているそうです)

中学生になってからは今まで対局中心だった息子の練習スタイルを、将棋の勉強会や支部の月例会にシフトしていき、さらに腕を磨きながら級位にもこだわるように変更していこうと思います。
スポンサーサイト

NHK 将棋講座 2013年 03月号 [雑誌]

NHK 将棋講座 2013年 03月号 [雑誌]NHK 将棋講座 2013年 03月号 [雑誌]
(2013/02/16)
不明

商品詳細を見る


最初の1~2回を除き、ほぼ1年間息子と一緒に見続けてきた今年度のNHK将棋講座もまもなく終了。
息子はこのTV講座を見てから、すっかり将棋の魅力にとりつかれていったなぁ~と、今思えばこの番組が息子に大きな好影響を与えてくれたと思います。もちろん、新年度の講座にも期待しています!!!

さて、今回の記事で目を引いたのが講師の屋敷先生が書かれた今月のリビングルーム。
同じ北海道のお話なので、特に目を引きました。
屋敷さんがまだ子供の頃に、木村一基八段が札幌将棋まつりまできて遠征で屋敷さんを負かし、決勝で野月さんと戦い、その後おふたりは親友になられたというお話。

私は将棋界ではプロ棋士は「英雄」だと思っています。
英雄は子供の頃から英雄と知り合うものかもしれません。
今、息子のそばにも英雄の卵たちがたくさんいますが、息子は英雄には・・・なれるのかな?

先日の東京遠征で、息子にもっと実力があればそういう運命的な出会いもあったのかもしれませんが
これからの息子の運命は私にもわかりません。
きっとこれからも息子が真剣に将棋に向き合っていれば、必ずそういう出会いがあるだろうなぁと思います。

最後の対局

昨日は午後から隣町の将棋サロンの月例会。
午前中は来月から子ども達が通う学習塾の入塾説明会のため、将棋サロンの近くにいたのですが塾の説明会の時間を延長していただき私たちがいろいろ体験をさせていただいたこともあり、月例会は15分ほど遅刻して参加です。

息子にはこの日の例会にどうしても参加したかった理由があります。
それは、この将棋サロンで息子が色々と教えていただいた高校生のお兄さん先生がこの春からの進学で地元を離れることになったため、最後の対局となるからです。
息子はいきなり、お兄さんと1戦目を戦います。
(月例会は私も参加しているので、息子の対局は全く見ていません)

息子は敗れたようですが、またいつか帰省した時には対局をお願いしました。
が、息子が将棋ウォーズをやっているのを知ると、お兄さんの将棋ウォーズの友達登録と
私の携帯でメールアドレス交換をしていただきました。
これで離れていても都合が合えばいつでも対局できます。

本当にありがとうございます(^O^)
次にお会いする時にはお兄さんを苦しめるような実力をつけていこうぜ!

遠征大会

週末の土曜日は道北の将棋連盟さんが主催の子ども将棋大会に出場しました。
こちらの将棋連盟さん、全道でもすごい実力の小学生たちがひしめき合う、
私個人としては「現時点では子供のレベルは札幌より上、もしかして全道一じゃないかな?」
という地域です。

大会の模様はこちらから。

同じ町の麒麟児K君とも会場で一緒になり、わが町からは2名の小学生棋士が挑むことになりました。
(とはいえ、Kくんは今年の小学生名人戦で北海道代表を決めた実力者。息子が肩を並べるには早すぎなのです)
大会はスイス式5回戦で戦うことになり、小学校高学年の部は18名の強豪たちが凌ぎを削ることになりました。
今回の息子の参加の動機となった、以前の大会で敗れて新聞記事に掲載していただいた女の子は、女子の部での参加とのことで、対局はできませんでした(残念)

さて、第1回戦。
息子の相手はいきなり全道クラスの大会でも何度もお目にかかっている強豪Aくん。
彼の指す将棋は直に見たことはないのですが、おそらく現時点で道内の小学生のトップ10には入る実力です。
息子は四間飛車で戦ったようですが、必死の粘りも残念ながら敗戦。
息子の局後の感想は一言「強い・・・」でした。

時を同じくして、第1戦では同じ街の麒麟児Kくんがいきなりこの支部のエースTくんと対局です。
(Tくんは去年の小学生名人戦北海道代表で、全国ベスト4の小学生棋士です)
去年の北海道代表と今年の北海道代表の世代間の激突です。
いきなりの大熱戦でした。
結果はTくんが6年生の貫禄で勝利を収めましたが、Kくんにも敗戦の中に大きな収穫があったのではないでしょうか?がんばれ!K君!!!!

さて、2局目。
地元の小学生?・・・との対局。
息子は勝利を収めました。
(詳しい内容は、私見ても聞いてもいませんでした・・・)

続く3局目。
同じ1勝1敗同士の地元の子?と対局。
かなり粘ったようですが、息子敗戦です。

敗戦後、親子で「なんとか勝率を五分に戻そう」と話し合っていたのですが
四局目の相手は・・・なんと同じ町の麒麟児K君。
息子がいつも支部の将棋道場で6枚落ちでも負ける相手に平手で勝負です。(´Д` )
でも練習は練習、大会は大会。
息子はすでに強く敗けを意識していますが、私としては同世代の強豪と平手で指せる絶好のチャンス!
勝ち負けではなく、今の実力がどのくらい通用するか試しておいで!
と激励して送り出します。
すると、息子なりに粘り強い将棋を指してくれました。
結果は敗けでしたが、息子なりに考えた将棋を指して
「瞬殺だけは免れた」とホッとしていました。

ここまで1勝3敗。敗け越し決定です。
なんとかもう一勝!と最終五局目に行きます。
息子の相手は地元の子?です。
息子、最終戦はなんとか白星を飾り、結果2勝3敗で大会を終えました。

大会を終えて、息子の感想は
「旭川、強ぇ~(-.-;)」でした。(あ、旭川って言っちゃった)

卒業記念大会

急な職場の人事異動などがあったため、まともにPCに向かい時間が取れず更新が滞っていました。

そんななかでも息子の将棋の大会参加はしていました。
先週末は小学生名人戦が開催され、小学6年生の息子は大会に参加できないため
将棋連盟の粋な計らいで開催された卒業記念将棋退会に参加してきました。

この大会は小学6年生、中1~2年生の交流大会で順位付けはしませんが
中学生が6年生に胸をかしてもらう大会として独自に開催されたものです。

息子は中学校の将棋部や将棋の強豪の子と対局し2勝2敗(うち不戦勝1)という成績でした。
中学生はやはり強いですが、息子なりに手応えは掴んだようです。

この大会には、いつもお世話になっている支部の先生も大会運営スタッフとして参加して
いただいていたのですが、先生から
「息子さん、支部の例会にも参加してみませんか?みんなで切磋琢磨しましょう。」
というお話をいただきました。

そういう場に先生から誘っていただけたということで、
息子の将棋が先生に認めていただけたんだと、私は嬉しくなりました。
(息子はのほほーーーーーーんとしてました。)

もっともっと上を目指して、これからもがんばろう!

隣町の将棋教室(最終回?)

つい最近、お世話になり始めた隣町の日曜教室が昨日で最終回を迎えた。
最終回といっても、教室自体がなくなるわけではない。
息子に優しく教えてくれた高校生の先生が、この春からの進学の都合で地元を離れることになったためだ。

しかし、その先生以外で今の息子に教えられるスタッフはいないようだ。
(ほかのスタッフさんとは、対局したところ息子が勝ってしまったので)
隣町の道場には対局で通い続けるが、教室で行くことはおそらくないと思う。

一番距離的に近い教室だったので残念。
ただ、この春から中1になる息子は、自分が高校生になったときに、
その道場で自分がお世話になった今のように、将棋講師のアルバイトがしたいと思っているようだ。

息子が高校生になったとき、プロを諦めアマチュアで将棋を続けているのなら
そういう将棋との関わり方もアリだと思う。
将棋にしても何にしても、物事は教わるより教える方が数倍難しい。
でも、教える立場に立つことで得られることは、教わる立場の時よりも数倍多いのも確かだ。

今、最大の問題は息子が将棋をさせるほどの高校受験に対する余裕がないということと
本人にその自覚が全くないことだ。
(現時点での息子は将棋を指せても、学力試験の成績は最悪・・・)

いずれにしても、短い期間でしたが先生ありがとうございました。
息子は年も近いせいか先生がとっても好きだったようです。
また地元に戻ってきた時には息子と一局指してくださいね(^O^)

1月大会

将棋サロン千歳

1月の最終日曜日、親子でいつもお世話になっている将棋サロンの1月大会に参加しました。
(この画像のなかに私たち親子が写っています)
結果は1勝3敗の私と2勝2敗の息子。
4戦目は1勝2敗同士の息子と私の親子直接対決でした。

息子の角落ちで勝負しましたが、その結果は最終結果の通りです(´Д` )

こちらの将棋サロンも少しずつ人数が増えて賑やかになってきました。
今年もたくさんの人と対局ができそうで楽しみです。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。