プロフィール

mugensky

Author:mugensky
北海道に住む将棋好きの親子です。
4月から息子は中学2年生になりますが、全く将棋のほうは進歩していません。小学生のままです。
さて、このブログは
地方の将棋好き中学生とオヤジの日常をゆるく綴っていきます。
リンクはほとんどが一方的に私がよくお邪魔するサイトを自分の使い勝手がいいように掲載させていただいています。
もし不快な思いをされている方がいらっしゃいましたら速やかに対応いたしますのでお申し付けください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
3217位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
93位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前書いた駒桜の将棋大会について

以前のエントリーで書いた将棋大会の詳細情報が久津知子さんから入りましたのでお知らせします。
この大会、佐藤康光九段との指導対局だけでなく大会参加者には久津さんがあちこちから手に入れてくださった抽選会の豪華景品などもあり、将棋好きなら大人でもぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか?
特に今回は佐藤康光九段のトークショーもあるんですね。
かなり力の入った大会になるようです。

我が家は結局行けなさそうですが・・・(残念)

・・・以下、久津さんの記事より引用・・・

イベントの詳細が決定しました♪
たくさんの方にご参加いただきたいので、ぜひお待ちしてます(^-^)
私も楽しみですo(^o^)o

第15回駒桜交流会in札幌
◎日時 平成25年6月23日(日)
13時〜17時(受付開始12時)
◎会場 栄地区センター(東区北36条東8丁目)
◎出演棋士 佐藤康光九段 久津知子女流初段
◎内容
・将棋大会(審判、進行 久津女流初段)
・指導対局(佐藤九段)
※駒桜会員が優先
・トークショー
・表彰状&お楽しみ抽選会
◎参加定員 大会96名(要予約)

指導対局 20名

◎参加料 一般参加 1000円
駒桜会員 無料(会員証を提示、当日入会も可)

◎お申し込み、お問い合わせ

tomoko.d1123@docomo.ne.jp(24時間対応)

または、090−3119−8480(14時〜20時)

①お名前と読み方
②お電話番号
③棋力
④大会のみ、指導対局のみ、両方参加のいずれかをお知らせください。

主催 日本将棋連盟
栄地区センター

☆☆☆☆☆☆☆

懇親会

佐藤康光九段と将棋ファンの交流を深める懇親会を開催いたします。

◎日時 平成25年6月23日(日)
18時〜21時
◎会場 炭火と海鮮の店まう(左馬)
札幌市白石区本郷通13丁目南1−22啓友ビル1階(地下鉄東西線、南郷13丁目駅1番出口すぐ)

TEL
011−846−1717
大会会場から懇親会会場までバスで移動できます。ご利用の方は予約の際にお伝えください。(400円)

◎参加料(お料理+3時間飲み放題)
男性 4000円
女性・高校生 3500円
小・中学生 3000円
(小学生〜高校生は保護者同伴)
※要予約 先着45名様

◎お申し込み、お問い合わせ

tomoko.d1123@docomo.ne.jp(24時間対応)

または、090−3119−8480(14時〜20時)
スポンサーサイト

息子が例会に参加しました

昨日息子が普段通っている将棋教室の支部が開催する例会に参加しました。
私は別の用事があって息子とは別行動だったので、以下は息子から聞いた内容です。
例会は子ども教室とは違い、駒落ちにはなりますが大人の方とも対局する内容で息子も楽しみにしています。

結果は、なかなか勝ちきれず五分の成績だったそうです。
しかし、この日は息子よりあとから将棋教室に入ってきた子が優勝したそうで、
得意だったはずの将棋で息子はどんどん抜かされていきます。

最近は息子も勉強時間を増やさなければならず、去年より将棋にかける時間が
少なくなってしまっているので、ある程度仕方がないことではあります。
でも普段、お父さんと将棋を指して、1手差でお父さんを負かしてはいるものの
以前のように手がつけられない強さではなくなっていることを私も感じます。

勉強と将棋の両立。
これってかなり難しいですね。
名寄出身の石田四段は、プロ棋士でありながら大学も卒業されています。
石田さんの人並み外れた努力はやはりすごいんだなぁ~
と息子を通して実感しています。

例会に参加しました

ここしばらく、更新をサボって休んでいました。
忙しくて・・・などと言い訳をするわけではないのですが、
なかなかPCの前に座る時間がない気ぜわしい毎日です。

さて、先週の日曜日。
隣町の将棋サロンの月例会に参加しました。
この日は10人くらいの方が集まって熱心に将棋をさしました。
先日のブログにコメントをいただいたKさんにもお会い出来ました(^-^)

この日、息子は某企業が実施する中学生向けのサイエンス教室へ友達と参加。
実は実験や科学が大好きな息子です。
将棋ができないのは非常に悔しそうでしたが、
自分の好きな科学と天秤にかけたら仕方ないという様子。
将棋に行くオヤジを恨めしそうに見ながら実験教室に出かけました。

サロンでは息子がいないと他の参加者の皆さんほとんど全員から
「あれ?今日息子さんは?」
と聞かれ、同じことを何度も答えるのも一苦労でした。(´Д` )
息子の存在感って・・・すごい。

さて、対局の方ですが
四戦全敗でした(´Д` )(´Д` )(´Д` )(´Д` )

今NHKでやっている将棋フォーカスで学んだ四間飛車を使っていますが
やはり付け焼刃の戦法で叶う相手ではありませんでした。
(もともとの自分の実力のなさを棚に上げた発言でした)

精進します。

第34回全国中学生選抜将棋選手権大会が始まります!

中学生の個人戦の全国将棋大会で、地区予選から行われる数少ない大会です。

大会名は「第34回全国中学生選抜将棋選手権大会
毎年山形県天童市で全国大会が開かれるこの大会ですが、倉敷と違って天童というのが北海道在住という地理的条件の我々にとっては、比較的近い場所で全国大会が開かれる大会です。

北海道予選大会は6月23日に北海道将棋会館で開催の模様・・・。
日本将棋連盟のサイト情報です)

ん?
もしかしてひとつ前にエントリーした駒桜の将棋イベントの日程にモロぶつかる~!!!
どうしたものか・・・(´Д` )

札幌で6月に佐藤康光九段を招いたイベントが企画されています

女流棋士会の駒桜をご存知ですか?

この度、北海道の将棋の普及に尽力され女流棋士会に所属する北海道在住の女流棋士、久津知子さんのフェイスブックにプロ棋士との交流会開催が発表されました!
なんと、今回は佐藤康光九段が来札予定とのこと。
今から待ち遠しいですね(^-^)
参加申し込み方法などは今後明らかになっていくことと思います。

あ、ちなみに私は申し込み窓口ではないのでお問い合わせなどをされてもお答えできないのでご了承ください。
矢内理絵子さんが会長を務める女流棋士会「駒桜」の会員になっていただくと、色々と特典がありますよ。

以下、記事の掲載については久津さんの許可をいただきましたので紹介します。


・・・久津知子さんのフェイスブック記事より引用・・・

やっと各方面の許可や確認が取れましたので、発表したいと思います!(ドキドキ)
次回の駒桜交流会は、6月23日(日)、ゲストは佐藤康光九段です!!
なんだかまだ、夢を見ているのか、私の妄想なのかもしれないと、信じられない気持ちでいっぱいです。
快く引き受けてくださった佐藤先生に感謝しています。
詳細は決まり次第、発表したいと思います。
しっかり準備をして、楽しいイベントにします!

☆第15回駒桜交流会in札幌

平成25年6月23日(日)
札幌・栄地区センター(東区北36条東8丁目)
時間 13時〜17時
出演者
佐藤康光九段
久津知子女流初段

☆懇親会
18時〜21時
炭火と海鮮の店「まう」(左馬)

今のところ、こんな感じです。

小学生の快進撃!


昨日は将棋教室でいつもお世話になっている支部が開催したアマ竜王戦地区予選でした。
Bクラスに出場した息子は1勝4敗の惨憺たる結果に終わりました。
特に今回息子の出場したBクラスは小学1年生の男の子が優勝!
小学1年生のBクラス優勝は支部初の快挙とのことでした!

Aクラスの優勝はもちろん隣町の麒麟児K君です。

中学1年生の息子も、その小学1年生の男の子に初戦で敗れ、その後もショックを引きずったのか自滅を含む散々な結果で本人も涙目(T_T)
今回の大会で実力勝負の厳しい世界を実感できたようです。
今まで自分が周りの大人に「小学生なのに強いね~」と言ってもらって自信をつけてきた息子。
昨日は立場が逆転しました。
これから先、息子より年下の強い子がたくさん現れてくることでしょう。
息子にとっては今が正念場。

 自信を失ってズルズルと将棋熱が冷めていくか
 負けるもんか!と研鑽を積むか

息子がんばれ!
私はそばで見守ることしかできないのですが・・・。
昨日も帰ってきてから息子と将棋を指すとやはり息子は不調を引きずったまま。
以前は私を寄せ付けない強さだった息子と勝率5割の勝負となりました。

 しかし、最近の小学生の強さは怪物級です。今回のアマ竜王戦は大人も参加する大会なのに、終わってみればA〜Cの全クラスで小学生が優勝しています。
 息子が負けた小学1年生の男の子は将棋教室に通い始めてまだ1年未満だそうです。
決して大会に参加した大人のレベルが低いわけではありません。

麒麟児がたくさん頭角を現し始めた北海道の将棋界の未来は明るいですね!

高校生の将棋大会

syougi.jpg

今日の地元の地方新聞に記事が掲載されました。

高校生の将棋選手権大会の地方予選が開催されます。
高校生は個人・団体のいずれかで参加できるようで、
中学生もそういう大会形式だったらいいのになぁ~と
羨ましい限りです。

優勝すると、今年長崎県で開催される
長崎しおかぜ総文祭
↑クリックするとホームページに飛びます

への出場権を獲得するそうです。
北海道は誰が出場権を獲得するのでしょうか?

暇な連休

今年のゴールデンウイークはゆっくりとしています。
っていうか、かなり暇です。
外も寒く天気が悪いし、将棋の大会もないし・・・。
そういえば去年の今時期にj:com杯3月のライオン将棋大会があったような・・・。

普段なにかと忙しい我が家には、まとめてゆっくりした時間がとれるいい機会ではあります。
のんびり過ごしている連休です。

みなさんはいかがですか?

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。