プロフィール

mugensky

Author:mugensky
北海道に住む将棋好きの親子です。
4月から息子は中学2年生になりますが、全く将棋のほうは進歩していません。小学生のままです。
さて、このブログは
地方の将棋好き中学生とオヤジの日常をゆるく綴っていきます。
リンクはほとんどが一方的に私がよくお邪魔するサイトを自分の使い勝手がいいように掲載させていただいています。
もし不快な思いをされている方がいらっしゃいましたら速やかに対応いたしますのでお申し付けください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
8122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
178位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出話(最初は囲碁を始めた我が家)

今回はちょっと懐かしい話を・・・。

我が家では「ヒカルの碁」という漫画(アニメ)を子供たちと一緒に読み
「なんか碁って格好よさそうだなぁ~」と
不純な動機でとりあえずマグネット盤の囲碁セットと入門書を買い、
NHKの囲碁フォーカス(将棋フォーカスのあと、午後から始まる番組です)を
見ながら見よう見まねで囲碁を始めたのがボードゲームを始めたきっかけでした。

ルールらしきものがわかると、結構親子で「あ~でもない。こ~でもない」と
楽しんでやっていました。

それが息子が小学5年生、娘が小学3年生の冬でした。
その当時、息子が入ったいたサッカー少年団で、他の子より運動神経の悪い自分が
チームの足を引っ張ってしまっている事実に行き詰まりを感じるあまりに
サッカーから離れてしまい、その後も何をするにも自信を失っていた息子にとって、
囲碁は自分の強さを周りから認めてもらえる楽しいものだったようです。

息子にとって自信になるものならば・・・
と、怖いもの知らずの行動派の父親の私は、どうやって囲碁の世界の扉を叩けばいいのかわからず
無謀にもとりあえず小学生囲碁大会に子供たちをエントリー。
もちろん初心者として囲碁教室参加で申し込みしましたが、一応簡単なルールは知っていたため
教室ではなくいきなり初心者大会に出ることになったこどもたち。
(このときは囲碁27級という認定をいただきました)
それでも、まぁまぁ子供たちは楽しんでいるようでした。

その後、本人たちが囲碁をやる気になっているのであればしっかりと学ばせたいなぁ
と思い、インターネットで初心者(子ども)囲碁教室を探しました。
数年前にヒカルの碁ブームで、地元でも子供囲碁教室があったのですが、今では見る影もなく
近隣市町村を探しても、なかなか「ココなら・・・」と思えるところがありません。

ならば!と
札幌の日本棋院北海道支部へ行ってみることにしました。
ここならきっと、初心者の子どもでも入りやすい雰囲気の囲碁教室の手がかりが
つかめそうな予感がしたのです。
しかし・・・
北海道支部を捜し当てたのはいいのですが、初老の方々がずらりと並んで難しい顔で対局を
している様子に圧倒され、ずうずうしいはずの私でも流石に扉を開くこともできず
何もできないまま無念の帰宅・・・。

それでも息子が自信を持てる何かないかと考えた私は
同じ盤のゲームでも将棋なら自分もルールぐらいはわかるし、ちょっとできそうなところを
探してみようと、早速インターネットで検索開始。
すると、ヤマダ電器さんで毎週単発の子供将棋教室が行われているようじゃないですか!

ヤマダ電器さんに恐る恐る電話をかけたら
「あ、いいですよ。何時にしますか?」
と気軽に応対していただき息子と娘を連れていざヤマダ電器へ!

ヤマダ電器では、和服姿の似合うやさしい顔の指導棋士Yさんが
ニコニコ笑顔で息子と娘を迎え入れてくれました。
盤ゲームがもともと好きだったんでしょう、
息子は「将棋もおもしれ~!」と気に入った様子。
娘にはちょっと合わなかったみたいですが・・・
(娘はお絵かきと読書が大好き少女で、対戦はあまり楽しくないらしい・・・)

Yさんのご指導の賜物で、将棋は息子にとってすごく楽しく奥が深く魅力的に感じたようです。
それ以降、将棋と囲碁なら「絶対将棋」という息子。
そのときも最後にYさんから「今度王将戦っていう大会をやるから来てみない?」
と気さくに誘ってもいただきました。
残念ながらその日は別の予定があったので大会には行けなかったのですが、
せっかく誘っていただいたわけですし、大会が終わるくらいの時間になって見に行っても
大丈夫かな?と思い、ご迷惑を承知で会場に顔を出したところ、Yさんは覚えていてくださって
喜んで中に招き入れていただき、将棋大会の雰囲気も味あわさせていただきました。
(後から知りましたが、会場には阿久津七段もいたんですね!すごい!!!)

サッカーで自信を失った息子でしたが、小学校の卒業式ではみんなの前で胸を張って
「僕は将来プロ棋士になりたいです!」
と大きな声で自信たっぷりに話してくれたこと。
親としてはこの上ない喜びでした。


その後、時々私から
「たまに囲碁でもやるか?」
と聞いても息子は
「もう無理。だってルール忘れた。」
なんだそうで、家ではせっかく買った碁盤と碁石が埃をかぶっています。
(碁盤と碁石は、私が老後の趣味にしちゃおうかな?と思っています)

人との出会い、ご縁って面白いなぁ・・・と感じた出来事で、
おそらく「Mなら」道場さんにいるYさんにお会いしていなければ、
息子は将棋をやっていなかったと思います。
残念ながら「Mなら」さんは今、我が家から遠いので別の強い支部に通っていますが
息子が札幌方面の高校に行くようなことがあれば、
数年後またお世話になることがあるかもしれません。

将棋を始めるきっかけって人それぞれだと思いますが、
初心者は恐る恐る扉を開こうとするので、中にいる我々は笑顔で迎えてほしいし
自分も常にそうありたいと感じた出来事でした。
今でもYさんには感謝の気持ちでいっぱいです。


ところで、たまに囲碁もやりたい私ですが息子も誰も相手をしてくれません
し、息子と将棋の対局ばかりを重ねるあまり、私もすっかり囲碁のルールを忘れてしまいました(泣)
でも、また機会があればもう一度最初から囲碁もやりたいですね~。
スポンサーサイト

難しい(−_−;)

前に武市三郎六段の必至の本を購入した
ことを書きましたが、これが自分の実力ではまったく歯が立たないくらいに難しい。

それでも答えを見ながら
何でこれが必至になっているの?
と、答えを見ても困窮する始末。

あまりにわからないと息子に
ね、これなんで必至になるの?
と、聞くと息子も答えを見ながら
これはこうこう...
と、教えてくれます。

実力以上の本を買ってしまいましたが、それでもなんとか答えを見ながら形だけでも覚えていこうと思います。(;^_^A

息子が付き合ってくれる限りですが。

惨敗(T ^ T)

昨日は親子で道新杯将棋大会へおじゃましました。
息子は大人の部に初参加でした。
親父は息子と当たらないよう祈っていました。((((;゚Д゚)))))))

結果は親子対決なしで
息子1勝3敗
親父4戦全敗でした。

今の実力としては親子そろって順当だと思います。
私は楽しみながら将棋をさせたらいいな。
と思っていましたが、今回はポカの連続で対局相手の方に
あきれられたと思います。

恥ずかしくて逃げ出したくなるくらい酷かったです。
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

子供向けの将棋雑誌が発売されるようです

将棋ファンの愛読月刊誌
将棋世界
に、小学生向けの将棋雑誌が12月に創刊されるようですね。
その名も
将棋世界キッズ

http://pub.mynavi.jp/ad/wp-content/uploads/shogimook1312_kids.pdf

北海道の書店で発売されるかはわからないので
興味のある方はあらかじめ予約などしたほうが確実かもしれませんね。

そういえば2014年版の将棋連盟カレンダーも発売されたようですね。

http://item.rakuten.co.jp/shohttp://item.rakuten.co.jp/shogi/15134659/gi/15134659/

何かと物欲がこみ上げてきます。

道新杯将棋大会!

いよいよ11月24日にJR千歳駅前のイオンで道新杯が開催されるようです。
参考サイト←ここをクリック

毎年、親父の私も参加する大会ですが今年は息子も子供の部からステップアップして
私と同じ大人のクラスに参戦予定です。(息子とあたらないことを祈っています)
参加申し込みはしたのですが、息子その日は塾の模試と日程と時間がかぶっていることが発覚!
息子はテストばっかりです。

また塾に頼んでテストの日にちをずらしてもらうかな・・・。

このブログを読んだ皆さん、弱い私をいじめに来ないでくださいね・・・。
(ダチョウ倶楽部の「押すなよ」と意味が違いますよ・・・)

必死に必至(洒落)

必至基本問題集必至基本問題集
(2010/06/24)
武市 三郎

商品詳細を見る


詰めろ・必至がわからない私が初めて手に取った本です。
著者は今年の1月に東京へ行ったときにお目にかかった武市三郎六段。
武市六段の教室がとても面白く、わかりやすく、思わず引き込まれる方だった
ことを思い出し、この本を手に取り中をめくってみると
「これなら私でもわかるかも?」
と淡い期待を抱いてレジへもっていきました。

本を買っただけで満足しないように、しっかりと勉強します。

詰めろと必至

昨日は将棋教室の日でしたが、息子は午前中は漢字検定を受け、午後から学校の検診で視力低下を指摘され眼科を受診しに行ったので教室には行けませんでした。

しかし、この日の教室のブログを拝見すると、今私が一番知りたい内容だったみたいで非常に残念。
息子が行っていたら絶対に教えてもらってましたね。本当に残念_| ̄|○

この日の教室←クリックすると苫小牧支部のブログ記事へ行きます


ちなみに息子は今回の眼科受診で、まだかろうじて治療可能かもしれないとのことだったので、メガネは回避できました。
でも多分、近い将来メガネは避けられないなぁ〜(;^_^A

勉強する意味

息子は塾に通っています。
最近は本人の努力で成績も上向いてきたみたいです。^o^

しかし、何か違う。
息子の勉強をみていると、教科書やテキストをただこなせばいいと思っているように感じます。
特にテストの場合、息子の将棋と同じ直感力勝負です。
だから、問題をよく読まずケアレスミスを連発して全得点の1〜2割は損しているが、本人には全く直す気が無い。
自分の経験を次に全く活かせないのです。

何か違うと感じるのは、息子が勉強はしても自分の経験からの学習はしていないということからくる違和感です。

勉強は将棋に置き換えられると思います。
定跡や囲い、戦法を覚えていなくても将棋はさせるし、運が良ければ勝てるでしょう。
勉強しなくても生きていけるし、運が良ければ楽に暮らせます。

定跡を覚えれば強くなれるかといえばそんなこともないし、勉強すればいい生活が送れるかといえばそうでもない。

本に書いてあること、教えてもらうことを覚える作業だけしていては、いつまで経っても強くならない。

穴熊囲いを覚えた人は、自分の囲いを完成させることばかり考えていると、相手の急戦に気付けず囲いが完成する前に負ける。
こう言って、もし息子が
「俺、穴熊やる時なら急戦に気付くよ!」
というのなら、なぜテストのケアレスミスには気づかないのか?
経験と知識さえあれば、どちらも気づいて改善できるはずなのに、どうして片方しかできないのか?

今、NHKEテレで放送している
すいえんさー
という番組で、女子中、高校生モデルの女の子達に東大、京大、北大、東北大のエリート達が負ける姿は自分の知識に溺れた結果だろうと感じます。

大事なのは勉強という作業で得た自分の知識をどう使えるのか?
ということだろう。
国公立大を出て、知識の使い方がわからず会社で指示待ちする新入社員と、高卒で知識量は少なくても自分で判断できる新入社員なら、会社はどちらを採用するでしょうか?

誤解のないように書きますが、知識を蓄えること(勉強すること)はいいことです。
将棋でも定跡研究(勉強)を欠かさないプロに、我々が敵わない理由がそこにはあります。

プロは「知識は単に蓄えればいいというものではなく、自分がそれをいかに使うかが重要」
ということを理解しているのだと思います。

まだ中学生の息子ですが、そこに気付けず勉強もやみくもにすればいいのではなく、自分の勉強で得た知識と経験値をどれだけ自分の武器にできるのか?
ということのほうが大事だということに今から早く気づいて欲しいなぁ。
そうしないと、ケアレスミスも減らず自分の努力がいつまで経ってもちゃんと結果に現れることは無いでしょう。(;´Д`A

残念ながら。

やっと気づいたバカ親父

今回の記事は私のことです。
自宅で息子と将棋を指しても、序盤〜中盤で優位に運んでも詰めで負ける日々。

どうしてかな〜。
詰将棋足りないのかな?

と、ずっと思っていましたが、
どうも詰めまで寄せることもできません。
王手は追う手
王は包むように寄せよ
等、将棋の格言にも忠実に指してきたつもりでしたが結果が付いてきません。

この前の土曜日に私ひとりで将棋サロンへ行った時に、教えていただいて謎が解けました。

詰めろ
必至
をよくわかってませんでした。ヾ(--;)ぉぃぉぃ

詰みまで、どんな形を目指していくのか?

何も考えずに指していた自分に呆れるばかり囧rz

馬鹿な私。( T_T)\(^-^ )
今日から詰めろ勉強します。

ちなみに
私の好きな将棋漫画に
ひらけ駒(現在休載中)
という作品があります。

その8巻に田島さんという将棋を指す子のお父さん(43歳)が、登場します。
このお父さんが、私と同じくとっても弱いんですが一念発起して初段を目指します。
自分と重なる田島さん。
とっても好きなキャラクターで、わたしも将棋頑張ってみようと思っています。
なお、田島さんは東京の将棋会館で14級ですが、私は15級です。(;´Д`A
なんと子どもにも一度も勝てなかった実話です。

参考サイト←ここをクリック

苫小牧民報杯将棋大会

昨日は苫小牧民報杯の将棋大会に参加してきました。
この大会は毎年11月3日に開催される定番大会で、なにより中学年の部がある
数少ない大会です。
いつも会場まで息子の送迎をしていましたが、もう中学年ですし
何より私が子離れするために、帰りは迎えにいくから行きは交通機関を使って
自分で行かせました。

私は昼頃から様子を見に行くことにして、ゆっくりNHK将棋講座を見てから
出かけることにしました。
(もちろん息子用に録画しました)

さて、会場につくとマズは対戦表の確認。
中学生の参加者が少ないと、小学生に吸収されるのかなぁ
と、思っていましたが参加者は5人いて中学生の部、健在でした。
しかし!
名を連ねている中学生、超強豪ばかりです。
顔ぶれを見て1年生の新参者の息子、全敗だろう。
と、なかば諦めましたが運良く1勝を手にしました。
「対局全部、厳しかった囧rz」
という息子の言葉が、中学将棋の厳しさを物語っています。
運良く拾った1勝も紙一重だったみたい。

そんなわけで、今回は1勝3敗で終了。
大会中、小学生に混ざって将棋を指す息子は見事に何の違和感なく
こいつ、本当に中学生か?
という背格好と対局姿勢でした。

幼なさが全く抜けない息子です;^_^A

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。