プロフィール

mugensky

Author:mugensky
北海道に住む将棋好きの親子です。
4月から息子は中学2年生になりますが、全く将棋のほうは進歩していません。小学生のままです。
さて、このブログは
地方の将棋好き中学生とオヤジの日常をゆるく綴っていきます。
リンクはほとんどが一方的に私がよくお邪魔するサイトを自分の使い勝手がいいように掲載させていただいています。
もし不快な思いをされている方がいらっしゃいましたら速やかに対応いたしますのでお申し付けください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
9181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
198位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道新杯に参加しました

息子が久しぶりに将棋大会に参加しました。

「意志あるところに道は拓ける」
という言葉どおり、息子が自分で「この大会に出る」と自分から言う大会があるまで待っていたら、
なんと8月の札幌東急将棋まつり以来、約半年ぶりの大会参加となってしまいました。
(結局、
今回の大会も私から参加しないか話を振ったんですが・・・)

今回の大会はいつもお世話になっている苫小牧支部の開催でした。
息子は小中学生将棋教室に通っていましたが、去年の秋からまったく教室に行かなくなりました。
もう将棋をやる気がなくなったのかなと思い、来年度から教室をやめるという息子の意思を確認し、
今までお世話になったお礼をきちんと言いに行くことを兼ねて今回の大会に参加させました。
(先生、息子はちゃんとご挨拶できましたでしょうか?)

今回の結果は2勝3敗。
ブランクが開いていた割に勝てたのが不思議です。

これまで積み上げてきたのにもったいないとは思いますが、
本人のやる気がなくなってしまったのであれば強制することはできません。
子供のことっですから、今後またひょっこり再開したくなったと言ってくるかもしれませんし
このまま終わるのかもしれません。

このブログも更新頻度が低くなりっぱなしですが、今後も細々と続けていきますので
どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

息子の進路と将棋部

ネタ切れと書いたくせに、もう少し。

息子は将棋部のある高校へ行きたいようです。
我が家は私立高校より公立高校優先です。
息子の志望している公立高校のwebサイトでクラブ活動を覗いてみるんですが、どうも部活はあったようですが今は活動しているのかどうかわからない様子。
これはどの高校も同じような傾向ですね・・・。
スポーツ系は盛んにPRされていたり、私立高校では将棋部の情報がUPされているとことが多いのに、公立高校では情報がつかめずガッカリ・・・。

まぁ、将棋さえできるのならいいのですが、志望校以外のある高校のサイトでは
「部員がいないため、現在活動休止中」
なんて書いてあったりもします。

我が家の立地的に高校から気軽に行ける将棋道場もありませんし、将棋をしたければ息子が自分で仲間を集めてやるしかありません。
・・・あれ?これ去年今の中学校に入学したときにも同じことを息子に言った気がする。

「意思あるところに道は開ける」
やっぱり、なんでも人に頼るのではなく本気でやりたいのなら自分次第ってことですね。
言うのは簡単ですが、なかなかそれができないんですが。

どうかあと2年後に、息子の進学する高校に将棋好きの仲間が集まっていますように・・・。

最近はネタ切れ気味です

最近も相変わらず息子にやられる毎日です。

年度末で私も仕事のほうも賑やかになってきましたが、息子も中学2年に向けて塾で1年の復習をやっているようです。
そんなこんなで、将棋と縁遠くなったかと思いきや・・・しっかり家では親子で対局しています。

私の負けが込んできたのが悔しいんですが・・・。

以前は私の調子もよく、棒銀炸裂!なんてこともあったのですが
振り飛車党の私の作戦に棒銀があるとわかると、息子ももう私には簡単に攻めさせてくれず逆に攻めまくられています。こんなに負けが込むのに、息子と一緒に顔を向かい合わせて指す将棋が楽しいのは不思議です。
そりゃあ、私も勝ちたいですよ・・・
でも、勝敗とは別のところに親子のコミュニケーションが将棋を通じて取れているのが嬉しいんですよね。

TVゲームで息子と対戦してもいいんですが、それとはまた違った戦略性や緊張感があって楽しいんですよね。
ゲームは手を動かすだけですが、将棋は頭をフル回転させないと勝てませんし・・・。

でも、数学の図形問題にてこずっている息子。
その辺の勉強については、将棋と違ってまだまだ私がリードしています。
そうやって、かろうじてオヤジの威厳を保っています。。。。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。