プロフィール

mugensky

Author:mugensky
北海道に住む将棋好きの親子です。
4月から息子は中学2年生になりますが、全く将棋のほうは進歩していません。小学生のままです。
さて、このブログは
地方の将棋好き中学生とオヤジの日常をゆるく綴っていきます。
リンクはほとんどが一方的に私がよくお邪魔するサイトを自分の使い勝手がいいように掲載させていただいています。
もし不快な思いをされている方がいらっしゃいましたら速やかに対応いたしますのでお申し付けください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
5227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
134位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学最初の日曜日

中学最初の・・・と言っても、いつもどおりの日曜日の午前です。
変わったのは子ども達が月曜日の塾の予習の宿題を始めているところでしょうか?
(いや、休日の午前に勉強するなんて、これはもしかして劇的な変化なのかも?)

今日からNHKの将棋講座が新しい年度で鈴木大介さんの振り飛車講座に変わりました。
息子は(自称)居飛車党なので、あまり興味がないようですが、そんなことを言って新しいことをどんどん吸収していかなければこれから先はあっという間に通用しなくなるよ・・・と私から一言。

実は息子。
部活はまだ入るかどうかも決めていないようです。
そんなわけで、昨日もいつもどおりお世話になっている支部の子ども将棋教室へ行きました。
(子ども将棋教室は小・中学生対象なので継続できるのです)
さすが4月とあって、教室には春から新しく将棋を始める小さな棋士の卵たちがたくさんいたようで、女の子の姿も見られ賑やかだったみたいです。
今日も午後から支部の研究会があって、最初は行くつもりのようでしたが天候が大荒れ模様のため、本人から「今日はやめておく」宣言。
どうやらこれから先も将棋を続けたい気持ちを持っているようです。
部活と将棋の両立ということであれば、将棋を選ぶような気配も感じられます。

私は息子の選択を待つだけですが、
息子には仮に将棋じゃなくても自分の好きなことをやってほしいというのが相変わらずの私の本心です。
とりあえず、息子自身が中学生活の感じをつかめるまで、だいだい4月いっぱいくらいまではどうするか息子の決断を待っていることにしました。

もしも息子が将棋を選んだ場合は、中学生が将棋を指せる環境や大会を私も探さなければなりません。
北海道では中学生大会が少ないので、息子の決断しだいでは道内各支部のブログを注目して参加できそうな大会を探すことになるのかな?
部活を選んだ場合でも、出来る範囲での限定条件付きですが親子のコミュニケーションツールの一つとしても一緒に将棋を指し続けて行きたいと思います。

<< 同好会を作ってみたら? | ホーム | ハム将棋で勝負! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。