プロフィール

mugensky

Author:mugensky
北海道に住む将棋好きの親子です。
4月から息子は中学2年生になりますが、全く将棋のほうは進歩していません。小学生のままです。
さて、このブログは
地方の将棋好き中学生とオヤジの日常をゆるく綴っていきます。
リンクはほとんどが一方的に私がよくお邪魔するサイトを自分の使い勝手がいいように掲載させていただいています。
もし不快な思いをされている方がいらっしゃいましたら速やかに対応いたしますのでお申し付けください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
5227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
134位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学生の快進撃!


昨日は将棋教室でいつもお世話になっている支部が開催したアマ竜王戦地区予選でした。
Bクラスに出場した息子は1勝4敗の惨憺たる結果に終わりました。
特に今回息子の出場したBクラスは小学1年生の男の子が優勝!
小学1年生のBクラス優勝は支部初の快挙とのことでした!

Aクラスの優勝はもちろん隣町の麒麟児K君です。

中学1年生の息子も、その小学1年生の男の子に初戦で敗れ、その後もショックを引きずったのか自滅を含む散々な結果で本人も涙目(T_T)
今回の大会で実力勝負の厳しい世界を実感できたようです。
今まで自分が周りの大人に「小学生なのに強いね~」と言ってもらって自信をつけてきた息子。
昨日は立場が逆転しました。
これから先、息子より年下の強い子がたくさん現れてくることでしょう。
息子にとっては今が正念場。

 自信を失ってズルズルと将棋熱が冷めていくか
 負けるもんか!と研鑽を積むか

息子がんばれ!
私はそばで見守ることしかできないのですが・・・。
昨日も帰ってきてから息子と将棋を指すとやはり息子は不調を引きずったまま。
以前は私を寄せ付けない強さだった息子と勝率5割の勝負となりました。

 しかし、最近の小学生の強さは怪物級です。今回のアマ竜王戦は大人も参加する大会なのに、終わってみればA〜Cの全クラスで小学生が優勝しています。
 息子が負けた小学1年生の男の子は将棋教室に通い始めてまだ1年未満だそうです。
決して大会に参加した大人のレベルが低いわけではありません。

麒麟児がたくさん頭角を現し始めた北海道の将棋界の未来は明るいですね!

<< 札幌で6月に佐藤康光九段を招いたイベントが企画されています | ホーム | 高校生の将棋大会 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

コメントを残していただきありがとうございます!!!
私、43歳のオヤジです。

実は私、T市在住ではないんですよ・・・。
もっと近い、A町(しかも旧o町地区)在住なので、Y町とは目と鼻の先です。
千歳将棋サロンで以前、Y町からこられた方と対局させていただきました。
お名前をすっかり失念してしまったのですが、Kさんではなかったでしょうか?
私はその時親子連れで将棋指しに来ていた者です。

T市では日本将棋連盟T支部に息子が将棋教室や研究会・月例会に参加しています。
このブログのリンクにも貼っていますが、そこでも将棋がさせますよ!
(しかも、かなりみなさん強いです)
研究会・月例会には大人の方も参加できますから、よかったら連絡をとってみてはいかがでしょうか?
(もしよかったら仲介して連絡しますから、その時はいつでも声をかけてくださいね)

棋力の方は息子がT支部で6級、私は棋力を判定してもらったことがないのですが
今年の1月に東京の将棋会館で15級という小学校低学年のような級を頂戴しています(泣)
将棋教室に通っているのも息子だけで、私は下手の横好きで息子のお供をしながら
将棋・・・というよりコマを動かしている感じです。
このブログをたまに読んで頂ければ、道内(主に道央)の大会告知なんかもしていきますので
是非、都合が良ければ参加してくださいね~。

今後ともよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Kさん、きっと近々どこかでお会いできると信じています!

コメントをいただいたKさんという方とは、隣町であったことがわかりました。
将棋を通じてたくさんの人と知り合い、いつか盤面をはさんで楽しく対局ができたらいいなと思います。

国内では子供を中心に将棋ブーム到来の兆しなどという報道などがありますが、
私たち地方の人間には、まだ実感がわかないのが事実です。
今年、東京の将棋会館へ行った時の将棋会館の盛り上がりを見て、関東の将棋界の盛り上がりを肌で感じました。
自分は強いと自信を持っていた息子も、たくさんの子供達と出会い盤面をはさんでいい経験を積ませていただいてきました。

あの環境で真剣に将棋を続けたら強くなるだろうな・・・

と率直に感じました。
Kさんと同じように、今後もたくさんの方とつながっていけたらいいなと思っています。

このつたないブログを見ていただいている皆さん。
どうぞ気が向いたらコメントをお願いいたします。
いつでもお待ちしています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。