プロフィール

mugensky

Author:mugensky
北海道に住む将棋好きの親子です。
4月から息子は中学2年生になりますが、全く将棋のほうは進歩していません。小学生のままです。
さて、このブログは
地方の将棋好き中学生とオヤジの日常をゆるく綴っていきます。
リンクはほとんどが一方的に私がよくお邪魔するサイトを自分の使い勝手がいいように掲載させていただいています。
もし不快な思いをされている方がいらっしゃいましたら速やかに対応いたしますのでお申し付けください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
9630位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
188位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩み・・・

今日は息子と一緒に隣町の将棋道場に行く予定でした。
昨日、電話をして明日営業していることを確認しておきました。

・・・が
行く前に念のため、再度道場に電話をしてみると・・・出ない。

我が家はなかなか外で将棋を指せる機会がないですね。
しょうがないので、息子と10番勝負・・・のはずが息子の集中力が切れたようなので6番勝負に短縮。
3勝3敗の五分でした。

息子は四間飛車戦法を好んで使うのですが、定跡を学んでおらず囲いをおろそかにしています。
もっと定跡や囲いを覚えないと次の段階へ進めないところまで来ているのですが、
今、変に勝ってしまっているので定跡の大切さを理解できずにいるような気がします。

息子は急戦の四間飛車で居玉のまま戦うのですが、
後手に回ると相手のペースになるため勝率はガクッと落ちます。
受け将棋がほとんどできていないので、本当の「強さ」を手に入れられずにいます。
(ちなみに将棋大会では振り飛車美濃や穴熊なんかを使うんですが、
恐らくちょっと強い子には、もう通用しないでしょう)

私がそうした戦法を駆使して、対局の中で息子に教えてあげられればいいのですが、
本やインターネットを読んだだけの付け焼刃の私の戦法を
息子は、いとも簡単に崩してしまいます。

将棋ウォーズでもその姿勢を崩していないので、やはり1~3級の相手にはなかなか勝てずにいます。
素人考えですが、息子の「攻め」のスタイルは悪くないと思うのですが、
もっと幅広く戦法を駆使できないと辛いです。

このことは本人が一番よくわかっているはずですが、普段、読書の習慣がない息子に
書籍を読むという作業は苦痛なんでしょうね。
自分の得意な定跡だけでも少しずつ覚えたら、将棋教室でも連勝して行けると思います。
そこができたら、たぶん息子はもっと昇級できるのに・・・歯がゆい。

<< 将棋の級 | ホーム | うらやましい >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。