プロフィール

mugensky

Author:mugensky
北海道に住む将棋好きの親子です。
4月から息子は中学2年生になりますが、全く将棋のほうは進歩していません。小学生のままです。
さて、このブログは
地方の将棋好き中学生とオヤジの日常をゆるく綴っていきます。
リンクはほとんどが一方的に私がよくお邪魔するサイトを自分の使い勝手がいいように掲載させていただいています。
もし不快な思いをされている方がいらっしゃいましたら速やかに対応いたしますのでお申し付けください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
5227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
134位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苫小牧民報杯将棋大会

昨日は苫小牧民報杯の将棋大会に参加してきました。
この大会は毎年11月3日に開催される定番大会で、なにより中学年の部がある
数少ない大会です。
いつも会場まで息子の送迎をしていましたが、もう中学年ですし
何より私が子離れするために、帰りは迎えにいくから行きは交通機関を使って
自分で行かせました。

私は昼頃から様子を見に行くことにして、ゆっくりNHK将棋講座を見てから
出かけることにしました。
(もちろん息子用に録画しました)

さて、会場につくとマズは対戦表の確認。
中学生の参加者が少ないと、小学生に吸収されるのかなぁ
と、思っていましたが参加者は5人いて中学生の部、健在でした。
しかし!
名を連ねている中学生、超強豪ばかりです。
顔ぶれを見て1年生の新参者の息子、全敗だろう。
と、なかば諦めましたが運良く1勝を手にしました。
「対局全部、厳しかった囧rz」
という息子の言葉が、中学将棋の厳しさを物語っています。
運良く拾った1勝も紙一重だったみたい。

そんなわけで、今回は1勝3敗で終了。
大会中、小学生に混ざって将棋を指す息子は見事に何の違和感なく
こいつ、本当に中学生か?
という背格好と対局姿勢でした。

幼なさが全く抜けない息子です;^_^A

<< やっと気づいたバカ親父 | ホーム | 調子が戻ってきた? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。