プロフィール

mugensky

Author:mugensky
北海道に住む将棋好きの親子です。
4月から息子は中学2年生になりますが、全く将棋のほうは進歩していません。小学生のままです。
さて、このブログは
地方の将棋好き中学生とオヤジの日常をゆるく綴っていきます。
リンクはほとんどが一方的に私がよくお邪魔するサイトを自分の使い勝手がいいように掲載させていただいています。
もし不快な思いをされている方がいらっしゃいましたら速やかに対応いたしますのでお申し付けください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
8122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
178位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近所に対局相手が!

息子の同級生が近所にいるのですが、
先日、その彼から息子に
「俺、ちょっと勉強したらお前に将棋勝てるんじゃない?」
と言われたらしく、我が家の将棋の本をその彼に貸して対局することになったそうで、息子から「どの本を貸したらいいかなぁ?」と、相談を受けました。

数年前、小学生だった息子は同級生たちをまったく寄せ付けない将棋で一度も負けずに勝ちまくり、今まで誰も息子と将棋を指してくれなくなってしまっていたので、今回は将棋仲間を増やすチャンス!

私からは息子には「何も考えないで圧勝したら、また誰も将棋を指してくれなくなるぞ!」
という言葉とともに将棋の本を選んで渡し、最初の頃に使っていた将棋盤と駒も貸しました。

その彼も駒の動かし方や簡単なルールは知っていたそうで、数日後、貸した本で「ヒモをつける」ということを学び取り、息子が言うには「早速強くなってきた!」とのことです。
小さいころから知っている近所の子なので息子も対局できて嬉しそうです。
でも、私が言ったせいなのか、息子も絶対に瞬殺や圧勝はしないそうで、相手の彼がダイヤモンド美濃を組んでいる間もひたすら待ち続け、時には「こうしたほうがいいんじゃない?」と話しながら対局しているようです。

息子にはそういう将棋を指すことで、決して手を抜くということではなく、相手の考えを読みながら指すことや受けるということもさらに深く考えられるように、新しいことも気づけるようになってほしいと願っています。

ただ、その彼は「俺は絶対大会とかには出ないぞ」と宣言されたそうで、今のところは息子に勝てればそれでいいんだそうです。
最初は楽しく対局してもらえれば、私もそれでいいと思います。

これからも楽しく将棋を続ける子供たちを見守りたいと思います。

<< 将棋ウオーズ | ホーム | 告知!「第19回駒桜交流会in 札幌」開催情報です >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。