プロフィール

mugensky

Author:mugensky
北海道に住む将棋好きの親子です。
4月から息子は中学2年生になりますが、全く将棋のほうは進歩していません。小学生のままです。
さて、このブログは
地方の将棋好き中学生とオヤジの日常をゆるく綴っていきます。
リンクはほとんどが一方的に私がよくお邪魔するサイトを自分の使い勝手がいいように掲載させていただいています。
もし不快な思いをされている方がいらっしゃいましたら速やかに対応いたしますのでお申し付けください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
9181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
198位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうもお久しぶりです

すっかり更新をさぼっていましたが、相変わらず私たち親子は元気です。

息子の勉強のほうも、最近は中二特有の中だるみか、そもそも勉強が嫌いなのか
塾へ行っていても成績は下がる一方で、私ももう「勉強」というのを止めました。

その代わり、最近また息子と将棋を再開し始め、対局しています。
しかし、もう私の歯の立つ相手ではなくなった息子ですが、最近将棋では天狗になっているようで・・・。
自分より上の実力の子とは対局を避け、それでも、もし当たった時は
「勝てるわけない」と、努力もせずに自分で限界を作っている息子の様子に
親としてもどかしい思いを募らせています。

多分、勉強のほうも「○点以上、自分は取れるわけない」という自分の限界を勝手に作って
やる気を失っているように見えて。
息子は勉強も将棋も結局は同じ原因で立ち止まって、自信を喪失しているように見えています。

もし将棋で自分の限界の壁を突破できたら、勉強もそうですが、ほかの色々なことに積極的に向かっていける息子になってほしいなぁと、今は静かに見守っています。


ところで・・・
息子もそうですが、父親の私自身、将棋で負けるのは大嫌いです。
いつも息子に連敗続きで、「自分はどうして勝てないんだ?」と、正直頭に来ることがたくさんあります。
負けが込むと対局自体が嫌になったり、息子に勝つために新しい戦法を覚えて挑みますが、
通用するのはせいぜい1~2回。
やっぱり詰将棋や戦術などの地力をしっかりと身に着けていない付け焼刃の力では「勝てるわけがありません。」

・・・と、
いつも息子に対して歯がゆく思っている
「勝てるわけない」
という考えを自分が持ってしまっていては、息子にそれを求めることもできないことに気づきました。

「息子以上の実力をつけたい」と、
今はそんな無鉄砲なことを考えて、何か行動を起こそうと企んでいます。

<< 第21回 駒桜交流会in札幌の開催! | ホーム | 第20回 駒桜交流会in札幌 のお知らせ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。