プロフィール

mugensky

Author:mugensky
北海道に住む将棋好きの親子です。
4月から息子は中学2年生になりますが、全く将棋のほうは進歩していません。小学生のままです。
さて、このブログは
地方の将棋好き中学生とオヤジの日常をゆるく綴っていきます。
リンクはほとんどが一方的に私がよくお邪魔するサイトを自分の使い勝手がいいように掲載させていただいています。
もし不快な思いをされている方がいらっしゃいましたら速やかに対応いたしますのでお申し付けください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
11509位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
254位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋のはじまり

息子の将棋の始まりは私と指す将棋からでした。

私は級もなく、子どもの頃友達と一緒に指した程度で、ごく普通の大人ですから指導なんてできるようなものではありませんが、駒の並べ方・駒の動き・反則くらいは教えていきました。

最初は私に手も足も出ないで負け続ける息子ですが、それでも私に挑み続けてきます。
最初は飛車角落ち、平手・・・と、息子の実力があっという間につき始め、子どもの進歩のスピードがうらやましいと感じ始めた頃、ついには時々私を負かすようになりました。

私も将棋の本を読み始め、息子に負けないようにしてきましたが、息子の進歩のスピードにあっという間に追いつかれてしまいました。
これ以上の私の指導はムリと感じ、一度、専門の人の指導を受けさせてみたいと思い、車を走らせヤマダ電機の将棋教室に行ってみました。

初めて会った将棋教室の先生は、物腰の柔らかく落ち着いた感じのする和服の似合う方で、
さすが!棋士
というイメージの方でした。
1時間強、妹と一緒に習った息子は8級の級位を認定していただきました。

息子はその後も熱心に将棋を続け、あっという間にクラスの友達に敵なしの状況になりました。
修学旅行で携帯用のマグネット将棋を持って行った息子は、3対1(3人がアドバイスしながら将棋を指す状況)でも負けないくらいになりました。
(※息子のクラスメイトは、特に将棋の得意な子がいるわけではなく、ごく普通の子達です)

いよいよ、これは息子が本気だと感じた私は、車で1時間ほどかかる遠い場所にある将棋連盟の支部の門をたたきます。
こうして、息子は春から本格的に子ども将棋教室に通い始めることになりました。

<< 将棋教室にいた麒麟児 | ホーム | 将棋は好きですか? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。