プロフィール

mugensky

Author:mugensky
北海道に住む将棋好きの親子です。
4月から息子は中学2年生になりますが、全く将棋のほうは進歩していません。小学生のままです。
さて、このブログは
地方の将棋好き中学生とオヤジの日常をゆるく綴っていきます。
リンクはほとんどが一方的に私がよくお邪魔するサイトを自分の使い勝手がいいように掲載させていただいています。
もし不快な思いをされている方がいらっしゃいましたら速やかに対応いたしますのでお申し付けください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
3547位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
97位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋教室にいた麒麟児

息子が加入した将棋教室には、小学校は別ですが同じ町に住む1学年下の小学生の男の子(Kくん)がいました。

その子は、息子よりも前から将棋を始めていましたが、息子が入った頃には道内(私は北海道在住です)屈指の小学生として、道内の方々からも一目置かれる存在の子でした。

彼はすでに初段の腕前で、息子は当然敵うわけもなく、大人と指しても負けない腕前の子です。
将棋教室に通い始めて間もなく、支部の大会があったので息子に参加させてみました。
子ども大会ではないので、当然、大人とも指します。

息子の生まれて初めての公式の将棋対局の戦績は、大人との対局で
王手放置。3分で負け・・・でした。
その後、支部の大人の方と何局かお相手していただきましたが全敗です。

その後、自由対局として優しい大人の方から声をかけていただき手ほどきをしていただきました。
対局後、その方から
「息子さん、攻撃の筋は良いですよ。あとは囲いとか覚えていけばすぐに強くなると思います。」
と言っていただけたことが、親の私としては非常にありがたく、うれしい言葉でした。

ところで1学年下の彼(Kくん)も参加していたこの大会。
彼はBクラス(子ども・級位者クラス)で、大人を破り優勝を果たしていました。

いつの日か彼に追いつき、追い越すこと。
身近にいる大きな存在の彼に挑める日を目指して将棋を頑張る息子の日々がまた始まります。

<< 家での練習 | ホーム | 将棋のはじまり >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。