プロフィール

mugensky

Author:mugensky
北海道に住む将棋好きの親子です。
4月から息子は中学2年生になりますが、全く将棋のほうは進歩していません。小学生のままです。
さて、このブログは
地方の将棋好き中学生とオヤジの日常をゆるく綴っていきます。
リンクはほとんどが一方的に私がよくお邪魔するサイトを自分の使い勝手がいいように掲載させていただいています。
もし不快な思いをされている方がいらっしゃいましたら速やかに対応いたしますのでお申し付けください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
3547位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
97位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう手遅れ?

息子はソロバンを習っています。
今は2級に向けて検定を受ける練習をしています。

頭を使う
素早く・間違いなく指先を使う
いち早く判断をする
計算速度をあげる


という点では、そろばんは将棋とすごく似ていると感じます。
違いは「対戦相手がいないこと」くらいでしょうか。
ソロバンをすることは将棋をするうえで、ムダになることは全くないと思います。


今、息子は母親から
「(近々ある)今度のソロバン2級の検定を受けさせてもらえなければ将棋はしばらくやめてもらう」
と言われています。
そうなると、将棋の休止期間はざっと半年くらいになりますが・・・。

小学校6年生で半年将棋が指せないというのは
「プロはあきらめてもらう」
と言われていることと同じです。

将棋のプロになるのとソロバン2級が受かることは全く別と息子が思っているのなら
それは大きな間違いです。
1つのことを成し遂げられない人間が、どうして他の世界の道を究めるプロになれるものでしょうか?

にもかかわらず、息子は全くあせっていなくてソロバンの練習もさほどしてません。

そういう態度をみると「プロ棋士になりたい」と真剣な表情で私に訴えかけてきたこと自体
本気ではなかったのかな?
と感じます。

プロにならなければ将棋が指せなくなるわけではないですし、
アマチュアで趣味として将棋を指すのも1つの生き方です。
私は息子にはプロの棋士を強制するつもりはありません。

息子自身の生き方は息子が決めるのですから。
人に言われなければやらない将棋なら、最初からプロでは通用しないのですから。

ただ、何の努力もせずに
「一生で一度しかできないプロ棋士へのチャレンジ」
を棒に振ることは、息子にとっては非常にもったいないよなぁ~と私は感じています。

<< 木村一基さんの将棋講座 | ホーム | プロ棋士になるために >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。