プロフィール

mugensky

Author:mugensky
北海道に住む将棋好きの親子です。
4月から息子は中学2年生になりますが、全く将棋のほうは進歩していません。小学生のままです。
さて、このブログは
地方の将棋好き中学生とオヤジの日常をゆるく綴っていきます。
リンクはほとんどが一方的に私がよくお邪魔するサイトを自分の使い勝手がいいように掲載させていただいています。
もし不快な思いをされている方がいらっしゃいましたら速やかに対応いたしますのでお申し付けください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
9181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
198位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小中学生将棋大会に出場しました

昨日は地元の新聞社が主催の小中学生将棋大会に参加しました。
この大会には、小学生名人戦3位の実績のある子も参加していて、すごくハイレベルな大会でした。
が、息子はBクラス出場なので、ハイレベルの次のレベルでの大会です。

結果は息子3勝2敗で3位入賞ならず。
非常に残念でした。
というのも、息子は時間切れ負けならぬ
集中力切れ負け。

私は1戦目と最後の5戦目を見たのですが、私の見る対局はすべて負け。
(もしかして、私が疫病神????)
1戦目は相手の子もしっかりと指していて隙がなく、息子はその気になって
居玉のままの急戦形で早々に勝負を仕掛けます。

が、相手の子に落ち着いて攻めをさばかれ、一転して大ピンチに!
で、結局受け切れずにそのまま負けました。
今年のJTテーブルマーク将棋大会で、初戦の大事さをわかっていると思いましたが
息子は何にもわかっていませんでした。

で、5戦目。
相手の子は女の子でしたが、非常に上手に・丁寧に指す印象の子でした。
私は対局自体は途中から見たのですが、周りの方に感想戦をしていただき
初手から見ていくことができました。
息子は初戦の反省からか、ある程度自陣を固めてから怒涛の攻撃をしようとします。

でも、相手の子は息子の攻撃を華麗にさばき、息子の打つ手がなくなったところで反撃に転じます。
息子も必死に受けに回りしのぎきり、また反転攻勢に出ます。
が、相手の女の子は息子の攻撃のさらに2~3手先を読み、息子の攻撃が最後まで寄せきることはありませんでした。
そして、将棋の格言にある「王は包むように攻めよ」の基本どおりに囲まれ、追い詰められた息子は頭金打ちを許し投了。

 と・・・こう書くと熱戦だったようにも見えますが、息子は5戦目の疲労からか集中力がなく、大きなミスが2~3回ありました。しっかりと最後の感想戦まで集中し、将棋の内容を見直していた女の子に対して、向かいに座る息子は真っ赤な顔で、もうグロッキー状態。
 せっかくアドバイスをしてもらっても、全く耳に入っていない様子。
(この状況を目の当たりにした私。穏やかな顔をするように気をつけていましたが、内心では息子の態度にブチ切れていました)

 感想戦も全く集中力がなく、将棋の勝ち負け以前に集中力で負けており、この結果は必然だったと思います。普段の集中の持続力がどれだけ大切か、この敗戦で息子がしっかりと感じとり、自分で集中力をつけていけるように気持ちを切り替えていかないと、この先はないでしょう。

というわけで、せっかく大会に出ても前回の出場経験値を全く生かせていない息子は、賞状に手がとどきそうな実力を持ちながら、いつまでたっても賞状を手にできない
弱い将棋指しです。

家でリラックスした状態でオヤジに何回勝って天狗になっても、ここ一番の勝負でこれじゃぁ・・・
がっかりです。

<< クビがつながった | ホーム | 最近 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。