プロフィール

mugensky

Author:mugensky
北海道に住む将棋好きの親子です。
4月から息子は中学2年生になりますが、全く将棋のほうは進歩していません。小学生のままです。
さて、このブログは
地方の将棋好き中学生とオヤジの日常をゆるく綴っていきます。
リンクはほとんどが一方的に私がよくお邪魔するサイトを自分の使い勝手がいいように掲載させていただいています。
もし不快な思いをされている方がいらっしゃいましたら速やかに対応いたしますのでお申し付けください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
3547位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
97位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子の意見

息子もこのブログを結構読んでいるようです。

昨日のエントリーで定跡のことを書きましたが、それについて息子から
「オレ、定跡は覚えない方がいいわ。
 だって、定跡を考えたら手がおかしくなるもん」
と言ってきました。

この息子の答えが正解だろうと不正解だろうと、自分の指す将棋に自信を持つことはいいことだと思います。

が!
では、相手が定跡で来た時、今の自分の将棋では対抗できるのか?
その定跡を超える攻め手を自分は持っているのか?

息子にはそのことを問いました。

定跡を超えられなければ、定跡が不要とは言えません。
定跡にはプロの先人たちの英知が詰め込まれているのです。
定跡に固執する必要はありませんが、その英知を超えることができなければ、決しておろそかにしていいものではありません。

息子には私の言葉できちんと定跡の大切さが伝わったのかな?

<< オヤジ参戦 | ホーム | 私からの課題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。