プロフィール

mugensky

Author:mugensky
北海道に住む将棋好きの親子です。
4月から息子は中学2年生になりますが、全く将棋のほうは進歩していません。小学生のままです。
さて、このブログは
地方の将棋好き中学生とオヤジの日常をゆるく綴っていきます。
リンクはほとんどが一方的に私がよくお邪魔するサイトを自分の使い勝手がいいように掲載させていただいています。
もし不快な思いをされている方がいらっしゃいましたら速やかに対応いたしますのでお申し付けください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
11509位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
254位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オヤジ参戦

息子に置いていかれ続け、歯が立たなくなったオヤジ。
いよいよ、(初心者・初級者)の大人の将棋道場に行きました。

まず結果から
1勝6敗・・・散々です。
しかも2歩・王手放置も2回ずつ。
最悪な対局をしてしまいました。

オヤジは自分で将棋を指していて、どうも居飛車矢倉が多く使う戦形になっていることに気が付きました。
もしかして、俺の棋風は居飛車なのかも・・・と勝手に解釈しました。

とはいえ、それと勝負は別の話。
対局の相手をしていただいた方々はきっちりと定跡どおりに攻めてきます。
ムダと隙がない攻め方に
「なるほど、定跡ってこういうものか。」とオヤジ実感。
息子と同じ急戦の、ただし、三間飛車使いの方が息子の棋風に近いように思いました。

やっぱり自分で将棋盤を挟んで人と対局をすると、得るものが多いなぁ
と感じた1日でした。

後日談
息子は「将棋」なのに自分が置いていかれることにエラくご立腹。
「だって大人の将棋なんだから、しかたないじゃん。」
と言っても
「だめ、行かせない。」
と不条理な文句をつけてきます。
(でも、結局行きましたが)

私が帰ってきたのは夜10時過ぎ。
息子は起きていて、私の顔を見るなり
「よし!将棋しよう」
と対局を申し込んできました。
「明日も学校だし、少しだけな」
という約束で対局開始。

オヤジ、さすがに対局の成果を見せ華麗に連勝!




・・・と行きたいところですが、相変わらずの3連敗。
息子はオヤジが全く強くなっていないことにホッとしたのか?

<< もうすぐ大会・・・もしかして棒銀か? | ホーム | 息子の意見 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。