プロフィール

mugensky

Author:mugensky
北海道に住む将棋好きの親子です。
4月から息子は中学2年生になりますが、全く将棋のほうは進歩していません。小学生のままです。
さて、このブログは
地方の将棋好き中学生とオヤジの日常をゆるく綴っていきます。
リンクはほとんどが一方的に私がよくお邪魔するサイトを自分の使い勝手がいいように掲載させていただいています。
もし不快な思いをされている方がいらっしゃいましたら速やかに対応いたしますのでお申し付けください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
8122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
178位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成25年将棋修行記(その2)

東京2日目。1月11日(金曜日)
いよいよ将棋修行の始まりです。
妹と母親の女チームと分かれて、我々男チームは千駄ヶ谷の将棋会館へ向かいます。

将棋会館ははじめてでもわかりやすく、すぐにたどり着けました。
おっと、その前に将棋会館前の鳩森神社へ将棋のお参りです。
息子は絵馬を奉納し、勝守りを手に入れました。

初日

午前10時過ぎ、いよいよ初めて将棋会館に入ります。
将棋会館前

東京では子供たちも冬休みが終わっていて、子供は息子一人。
会館の中は思ったより空いていました。(平日の午前中なら当たり前ですね)
1回の売店コーナーを少し眺めてから2階の将棋道場へ。
受付で北海道から来て、初めて将棋会館に来たことなど少し話をして、息子はまず
棋力認定のため対局へ、
私は事前申し込みしていた「女流棋士スーパーサロン」で中村真梨花女流二段の指導を受けました。

中村さんからとってもやさしく丁寧に指導していただき、大感激しました。
若いのに落ち着いた感じの、すごく素敵なしっかりしたチャーミングな方という印象を受けました。
やはりその道のプロは違いますね。

手合いは自分の実力がわからなかったので6枚落ちでお願いしました。
多面指しだったため、考える時間はたっぷりあります。
ワタシもいつも以上にしっかり考え、途中で中村さんに指し方を教えていただきながら
なんとか勝利を収めることができました。
感想戦も、丁寧にここが良かった・ここが甘かったという内容の話をわかりやすくしていただき
次回は4枚落ちで・・・という話をいただき、とっても充実した90分の指導対局でした。
私、指導対局は初めてでしたが、とっても気に入りました。
今後も機会があればやらせていただきたいと思います。
(ただし、常に息子優先ですが)

私の話だけで長くなってしまったので、息子の方はその3に続く。

<< 平成25年将棋修行記(その3) | ホーム | 平成25年将棋修行記(その1) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。