プロフィール

mugensky

Author:mugensky
北海道に住む将棋好きの親子です。
4月から息子は中学2年生になりますが、全く将棋のほうは進歩していません。小学生のままです。
さて、このブログは
地方の将棋好き中学生とオヤジの日常をゆるく綴っていきます。
リンクはほとんどが一方的に私がよくお邪魔するサイトを自分の使い勝手がいいように掲載させていただいています。
もし不快な思いをされている方がいらっしゃいましたら速やかに対応いたしますのでお申し付けください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
8122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
178位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣町の将棋教室(最終回?)

つい最近、お世話になり始めた隣町の日曜教室が昨日で最終回を迎えた。
最終回といっても、教室自体がなくなるわけではない。
息子に優しく教えてくれた高校生の先生が、この春からの進学の都合で地元を離れることになったためだ。

しかし、その先生以外で今の息子に教えられるスタッフはいないようだ。
(ほかのスタッフさんとは、対局したところ息子が勝ってしまったので)
隣町の道場には対局で通い続けるが、教室で行くことはおそらくないと思う。

一番距離的に近い教室だったので残念。
ただ、この春から中1になる息子は、自分が高校生になったときに、
その道場で自分がお世話になった今のように、将棋講師のアルバイトがしたいと思っているようだ。

息子が高校生になったとき、プロを諦めアマチュアで将棋を続けているのなら
そういう将棋との関わり方もアリだと思う。
将棋にしても何にしても、物事は教わるより教える方が数倍難しい。
でも、教える立場に立つことで得られることは、教わる立場の時よりも数倍多いのも確かだ。

今、最大の問題は息子が将棋をさせるほどの高校受験に対する余裕がないということと
本人にその自覚が全くないことだ。
(現時点での息子は将棋を指せても、学力試験の成績は最悪・・・)

いずれにしても、短い期間でしたが先生ありがとうございました。
息子は年も近いせいか先生がとっても好きだったようです。
また地元に戻ってきた時には息子と一局指してくださいね(^O^)

<< 卒業記念大会 | ホーム | 1月大会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。