プロフィール

mugensky

Author:mugensky
北海道に住む将棋好きの親子です。
4月から息子は中学2年生になりますが、全く将棋のほうは進歩していません。小学生のままです。
さて、このブログは
地方の将棋好き中学生とオヤジの日常をゆるく綴っていきます。
リンクはほとんどが一方的に私がよくお邪魔するサイトを自分の使い勝手がいいように掲載させていただいています。
もし不快な思いをされている方がいらっしゃいましたら速やかに対応いたしますのでお申し付けください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
5227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
134位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子との約束

「将来、プロ棋士になりたい」
という息子も、この春から中学生になります。
将棋の世界で、中学生あたりで都道府県大会の上位に名を連ねることができない息子がプロ棋士になれるのか?ましてやこの1年、将棋の級も一向に上げられず、まだ低級をうろついていて本当に実力がついているのか?

先日、小学校6年生の学習塾主催の北海道内の学力テストに参加した息子。
結果は悲惨・・・。私が今まで見たこともないような惨状でした。
将棋のプロになるから勉強はいい・・・なんていう実力もなく、勉強もダメでは話になりません。

そこで私は息子と約束をしました。
「お前が中学2年生になるまでに、最低限初段をとっていなければプロは諦めてもらうよ」と。
中2でアマ初段なんて、関係者の方が聴いたら「そんなんでプロになれるわけ無いだろう」と笑い飛ばされるような低いレベルですが、息子がそれだけ真剣に将棋を頑張れるのかどうかを見極めたいと考えています。

将棋はアマチュアでも続けられますが、息子がこの1年で「プロを目指して」どのくらい将棋と勉強に真剣に向き合えるか?親の私も息子と勝負です。
ただ、何も考えない息子が中学の部活で運動部に入ったら、その時点で将棋のプロはアウトと考えています。
(うちの中学には将棋部はありませんし、新しく部活を作ることも伝統として?禁止されているそうです)

中学生になってからは今まで対局中心だった息子の練習スタイルを、将棋の勉強会や支部の月例会にシフトしていき、さらに腕を磨きながら級位にもこだわるように変更していこうと思います。

<< 新たな取り組み | ホーム | NHK 将棋講座 2013年 03月号 [雑誌] >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。